何故 ホームページにはコンセプトが必要なのか? 

計画性の無いホームページ 作りは失敗する!?

ホームページを作って公開をすれば否が応でもお客様からの依頼が舞い込み業績が向上するというのは過去の話であり、既にホームページを作って公開する事が珍しい事ではなく前提条件になっている現代では、作って公開をする事によりようやく他の企業と肩を並べてスタートラインに立つことができたという状態です。

しかも、ホームページを作成する時には計画性が無い状態で作成しても理想的な結果に結びつける事はできず、目的や目標が無ければホームページの意味を成さずに閉鎖に追い込まれてしまう恐れもあります。

今日ではサイトの存在がもう一つの会社と言っても過言ではないほど重要性が高くなっているため、閉鎖に追い込まれると単に飛び道具が無くなってしまうだけではなく、根本的な企業としての経営でさえも傾いてしまうリスクがあるので、ホームページを作る時には入念な計画を立てて慎重に行わなければなりません。

そこで、ホームページをより良いものにすべく欠かしてはならない絶対条件として挙げられるのが、設計時にコンセプトを決めておくという事であり、コンセプトというのは日本語で言うところの概念です。

つまり、ウェブサイトを立ち上げる意味や公開を続ける事によりどのような目的を持たせるのかという事を明瞭にし、同時に公開する記事やコンテンツを届ける相手もはっきりとさせる事が重要になります。

お客様が完成後のイメージを描きやすいようにすることが重要

リフォーム会社の場合であればホームページを作成する時にコンセプトになるのは、大事な住宅が古くなってきたり都合が悪くなってしまい不安感を覚えている方に対して安心感を与えつつ、現代における施す事ができる施工の内容をコンテンツに落とし込む事がポイントになります。

単に古くなった設備を変更したり、最新機器の説明文を記述するだけではイメージが付きにくいので、実際に自宅の設備と入れ替えた時にどのような恩恵を授かる事ができるかといった具体例も合わせてコンテンツに落とし込むと、ホームページが収益に直結します。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!