SEO対策禁止事項。Googleが嫌う コピーコンテンツの掲載は絶対にしてはいけません!

あたり前の事ですが、まだやっている方も多いし、知らない方もいるので今日はコピーコンテンツについて書きます。

 

コピーコンテンツとは何か?

現在の集客ではウェブサイト上のページ追加や、ブログの記事を書く。いわゆるコンテンツの定期的な更新が欠かせません。

しかし、自身のアイディアを生み出す能力に自信が無く、他者が記述したウェブサイトの内容を参考にしながら書き記してしまったり、悪意は無いものの自信を持って情報を届けるべく参考文献を用意していたところ、つい酷似してしまった内容を書き記してブログやウェブサイトをアップロードすると、コピーコンテンツとして判断されてしまいます。

コピーコンテンツであるという判断を下すのは、googleなどの検索エンジンのアルゴリズムによるものなのですが、コピーコンテンツであるとgoogleなどに判断されてしまうと、単に似たり寄ったりな内容であるという事態だけでは済まされない問題に発展します。

オリジナル性の高い記事で無いと評価されない!

その理由はgoogleが公表している規則が関係しており、内容にはgoogleがユーザーに対して届ける情報は誰の真似もしていないオリジナル記事に拘ると記述されているためです。

他にも、googleはユーザーが目にする事により有益性が高いと感じられるウェブサイトを検索結果の上位に表示させるようにアルゴリズムを組んでいるので、seoのテクニックとして有益性が高い上にコピーコンテンツではなくオリジナル記事であれば上位に食い込みやすいという事になります。

つまり、オリジナル性に乏しい上にユーザーがアクセスして閲覧しても有益性が高いとは感じられないウェブサイトなら、他にどのようなseoのテクニックを駆使しても上位に位置させる事は難しいです。

ただし、現代のように膨大な数のウェブサイトがオンライン上に存在していれば意図せず、コピーコンテンツのようになってしまうのは無理もありません。

しかも、他者のウェブサイトをコピーコンテンツとして作ってしまう事例に限らず、自身のウェブサイト内で色違いの物を別々のページで紹介しているといった時にはコピーコンテンツと判断される恐れもあります。

例えば、ホームページ上に載せた記事を、アメブロのような無料ブログにも載せてしまうと言ったケースがよく見受けられます。
同じ内容の記事は極力注意して載せない事を心がけましょう!

現在の技術では自身のページ内でコピーコンテンツと判断される場合は珍しくないので、検索順位の結果が思わしくないように感じられたらgoogleに問い合わせをするといった対策を講じましょう。

 

まとめ

Googleにコピーコンテンツだと判断されペナルティを受けると、回復するのに相当な労力が要りますし、最悪の場合はドメインを変更してサイトを作り直さなければならない場合もあります。日ごろからオリジナルコンテンツを掲載するよう細心の注意を払うように心がけましょう!

 

 

SEO対策関連の記事に関してはこちらをご覧ください。 ↓↓

SEO関連記事特集

 

《PR》
今後 小さなリフォーム会社が競合に勝ち、売り上げアップを目指す為には、ホームページをうまく活用し、ネットからの集客で新規顧客を獲得していく事が必要です。
しかし、その仕組みを作るには費用と時間だけでなく経験も必要になります、
そういった事はプロに任せて、リフォーム会社は本業に専念する事が効率のいい方法だと考えています。

弊社では、これまでの成功ノウハウとホームページ戦略で建築・リフォーム会社を強力にサポート致します。
是非、お任せ下さい!
ホームページ集客代行サービス

建築・リフォーム関連の会社様 必見です。売上アップを目指すならまず
こちらをご覧ください!


お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!