競合分析

狙うべき、避けるべき領域を探る競合分析 リフォームマーケティング基礎講座⑱

直接競合と関節競合とは?

ビジネスを進めていく上で全ての事業において欠かす事ができないのが競合分析であり、全ての事業が対象であるが故にリフォーム会社も例外ではないのですが、一言で競合分析とは言ってもその内容は大きく分けて2つに分類する事ができます。

それは直接競合と関節競合と呼ばれるものであり、各々の差異点をよく理解しておきつつ事業の経営において適材適所で採用しなければならないですし、地域柄や立地によっても注力した方が良い方が異なります。

ただし、どちらにも共通しているのはインターネットがインフラという形ですっかり根付いた今日では以前に増して2つの考え方の重要度が大きくなっており、経営の要としたり上手く取り扱う事ができるのかといった様子によって、会社の経営そのものが左右されてしまう程重要度が高まっているという事です。

同業他社が直接競い合うのが直接競合

まず、直接競合というのはその名の通り直接的に同業他社同士が経営を競い合うという状態を指し、リフォーム会社の場合では近い範囲に自社以外にも既にリフォーム会社が存在している状態を指します。

言うなれば直接競合はビジネスや事業経営の根源と言っても過言ではないものであり、会社を経営するという歴史が古くに始まった時から行われているものです。

一方の間接競合は飛び道具という考え方をするとイメージがしやすく、表現される事が多いのはお弁当屋さんであればお持ち帰り用のお弁当が適合し、ピザ屋さんなら担当スタッフによりデリバリーが挙げられます。

インターネットの普及により間接競合の存在が増してきた

さらに、現代では一つのお買い物の方法としてすっかりお馴染みになったインターネットの通販サイトも間接競合に当てはめて考える事ができます。

つまり、直接競合に比べて間接競合というのは比較的歴史が浅い同業者との競い方という事ができますし、インターネットの誕生により存在感が強くなっている上に今後ますます一つの競合方法として成長していくのは必至です。

また、直接的に競い合う方法に比較すると同業他社との競争を避けたい 活かしたいと考えている経営者にとって頼りになるのが間接的に行う方法でもあり、比較的若い経営者や未来を見据えた経営者に好まれやすい手段でもあります。

自社の強味・弱みというのは各社により大きく異なるものですし、競合の強味・弱みに合わせて自社の経営方針をその都度変更していると自社の経営方針がぶれてしまい、従業員も振り回されてしまうような様相になってしまうので、今日のリフォーム会社の場合ではインターネットで情報提供を行い間接競合をする方法が支持されています。

 

関連記事: 建築・リフォーム業の営業方法 これからの売り込み方!

建築・リフォーム業の営業方法 これからの売り込み方!

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!