リフォーム会社のホームページを作る

リフォーム会社が競合に勝ち、
新規の顧客を獲得する為にはどのようなホームぺージを作れば良いのか?
ホームページ制作時に注意すべきポイントについて解説します。

折り込みチラシやポスティングなどは、小さなリフォーム会社にとって費用面で制約が大きい

競争が激しい業界で勝ち抜くためには、消費者にとって魅力的なサービスを提供していくことが大切になります。
宣伝活動が大きな比重をしめ、効果的な内容で自社のサービスなどを伝えていかなければいけません。

pr大手の会社なら豊富な宣伝活動費などがあるため、折り込み広告やポスティングなどの作業を多く展開することが可能が、
中規模や小さなリフォーム会社などの場合は、宣伝活動に使うことができる費用には限界があります。

折り込み広告やダイレクトメールなどは大きな広告宣伝費用が必要になる事や、当然のことながら発信するたびに料金が発生します。

潤沢に広告宣伝費用を使える大手の会社に比べて、小さなリフォーム会社は予算面での制約が大きいので、集客ではこれまで苦戦しがちでした。

しかし、ネットやスマフォの普及で、その状況が大きく変化しました。
小さなリフォーム会社がプロモーション活動で劣位に置かれている状況の打開策として、ネットからの集客が注目されるようになったのです。

魅力的なホームページを作成すれば小規模な会社でも効果的な宣伝活動を行うことができます。

ホームページを利用してのネット集客が、折り込みチラシなどの従来の宣伝手段とちがうのは、追加費用をかけずにいくらでも集客力を大きくできるところです

このページではリフォーム会社がどのようなホームページを制作すれば、効果的なネット集客ができるかにについてのポイントを解説しています。

リフォーム会社のホームページ制作で注意すべきポイント

戦略から落とし込んだホームページでなければ失敗する!

ホームページを折込みチラシのように自社の商品・サービスを見栄えのいいホームページに載せて宣伝するだけでいいと考えていると失敗します。
先ほどもいいましたようにリフォーム業は競合の多い業種です。そんな簡単に集客は成功できません。
まずは、しっかりした戦略を練り、競合・顧客・自社の強みなどを踏まえて、そこからホームページ制作時に落とし込んで行きます。

ライバルサイトはどこか? どんなユーザーをターゲットにしるか? 自社の強みは何か? 考え、
どういうプロモーションをしたら反応があるか? まずはじっくり戦略を練りましょう。

senryaku

具体的なターゲットユーザーを決める事でホームページの内容も変わってくる

中小のリフォーム会社がホームページを作成する場合は。顧客となるターゲットを絞るこことも大切なポイントの一つです。

ターゲットとしているのが40代の主婦なのか、60才以上のシニアなのかによって宣伝する内容は大きく変わってきます。1-35

 

対象となるターゲットが必要とするような内容にしなければ、いくらサービスを宣伝しても魅力的だと感じてもらうことができません。

40代の主婦でしたら、キッチンなど日々の暮らしと密接に関わる水まわり等に関心があるでしょうし、シニア世代ならバリアフリー工事や介護リフォームに興味を持つでしょう。

多くの閲覧者を集めるためには、SEO対策を適切に行うことが大切ですが、ターゲットを適切に設定する事でSEO対策もやりやすくなります。

他社と差別化された自社ならではの内容でホームページを制作する

差別化戦略ホームページの内容については他社と差別化された内容にする事も重要です。
顧客に自社の商品やサービスの特徴や他社との違い(優位性)を理解してもらうことで、選んでもらいやすくなります。

自社でしかできないような工事内容などを掲載していくことで、競合している他社との差別化を図ることが可能です。

お客様が必要だと考えているようなコンテンツを作成していくことも、閲覧者を増やしお客様が望むホームページにつながります。

差別化に関する記事はこちららをご覧ください。

 

リフォーム会社のホームページは施工事例が重要です

また、リフォーム会社のホームページは施工事例をしっかり載せることで信頼と実績をお客様に強くアピールできます。
1-11

美しい完成写真は大切になりますが、依頼主にとって工事の流れなどがわかりにくく感じてしまいます。

完成した施工事例だけではなく、工事の流れなどをわかりやすく掲載していくことも大切なポイントです。

工事に取り掛かる前の状態から、打ち合わせをし開始する直前などの現場写真などを掲載しているホームページは魅力的に感じます。

工事のスケジュールや流れなどがわかりやすく掲載してあると、閲覧者から安心できる業者だと感じてもらうことが可能です。

引き渡しなどをする時の様子などを知ることができる写真やイラストなどを掲載するこことも、競合している他社との差別化を図るためには必要になります。

信頼感を得るためにお客様の声は重要です。

ホームページにお客様の声を掲載すると訪問者に安心感を与える事が出来るので、お客様の声は大切です。
またお客様の声を掲載する際にはお客様から許可を頂き、お客様の顔を掲載することが出来れば、より閲覧者に安心感を与える事ができます。
お客様の声が多ければ多いほど、訪問者に安心感を与える事が出来るので、出来るだけ多く掲載するように心がけることが大切になります。
voice

スタッフの顔を載せるとお客様に安心感を与えます。

リフォーム業の悪徳業者が社会問題になっていますから、お客様はリフォーム会社を選ぶ時慎重になります。
まず、スタッフがどんな人なのかも注意深く調べます。
当然変な人が来て強引な営業をされては困りますし、契約したらこれから先長いお付き合いになるかも知れません。
モノからコトへ 
コトからヒトへ の時代!
ヒトで選ぶ時代です。
ぜひ、あなたも顔を出してお客様に選んでもらいましょう!
staff

ホームページで地域密着であることをアピールしよう!

リフォームユーザーはリフォーム会社に対して地元企業ならではの安心感と信頼感を求めています。
ですから、リフォーム会社のホームページは地域密着型である事をアピールすることが大切です。
地域密着型のホームページならアクセスをしてくれるユーザーにも好感度や親近感を持ってもらうことができます。

更に地域密着型をアピールする際には地域キーワードを利用することが大切になります。
地域キーワードを利用すると地域密着型としてアピールすることが出来るだけではなく、SEO対策にもなります。

chikasa

依頼主の悩みや相談などにこたえるコンテンツをホームページに載せる

依頼主の悩みや相談などにこたえるコンテンツを用意していくことも、閲覧者を増やしていくことができる方法の一つです。

リフォームなどを頼むことは、一般的な家庭ではそれほど多いことではありません。

日常生活の中であまり取り掛からないことになるため、疑問や不安に感じている人が多くいるのが特徴です。

そのように考えている依頼主などの疑問を解決できるコンテンツを掲載してあると、安心してリフォームを頼むことができるようになります。

例えば、リフォーム会社は競合が多く、悪徳リフォーム業者が社会問題にもなっていますので、皆さん業者選びに苦労しています。
「信頼できるリフォーム会社の選び方」や「悪徳リフォーム業者の見分け方」等コンテンツとしてあると、お客様は関心を持つかもしれません。

リフォーム会社のホームページでは、疑問点などを解決できるコンテンツを載せていくことも大切です。

kiji

スマフォに対応している事も重要なポイント

リフォーム会社のお客様は、個人のお客様が大半です。 こうした個人のお客様はスマートフォンで情報収集するのが今や当たり前です、
リフォーム会社を探す場合も、まずスマートフォンで情報を検索した後で、そのホームページが気になれば、パソコンでの見ると言う流れになります。 
ですので、スマートフォンで見にくいホームページですと、お客様を逃がす事にとなります。
リフォーム会社のホームページはスマートフォンやタブレットで見やすいようにしておくことも重要です。

1-50

建築・リフォーム関係ホームページ制作実績

homepage

常に集客の事ばかり考えていた毎日から解放されたいと思いませんか?

リフォーム会社の勝ち抜き方がここにあります。

今後、小さなリフォーム会社が競合に勝ち売り上げアップを目指す為には、ホームページをうまく活用し、ネットからの集客で新規顧客を獲得していく事が必要です。

ですが、ホームページからの集客は簡単ではありません。
時間・費用そして知識経験が必要になります。

今後あなたはあらゆる側面において「悩み」に直面しますが、
こういった問題は一人で悩んでも解決できません。

弊社が多くの建築・リフォーム会社様に実践した経験と成功ノウハウであなたを強力にサポート致します。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。



お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容