リフォーム業での起業お助けします。

今まで住宅に携わる仕事をしていた人が独立する場合には、リフォーム業を行う人が多いかもしれません。
リフォーム業には、住宅の基本的な技術が必要なだけでなく、時代に合ったやり方になりますので非常に人気です。それゆえ、競合が多いのが特徴になります。

実際に、新築住宅を建築していた業者などは縮小しており、新築住宅の依頼が少なくなっていることからリフォーム業に切り替えるパターンが多いわけです。

実際に住宅の建築する数を見てみると1年間におよそ75万軒ほどになっていることがわかります。
この数が多いのか少ないのかは漠然としていてわかりませんが1970年代と比較すると1年間におよそ140万軒もの住宅の建築依頼があったことを考えればおよそ半分に減少していることが理解できます。

つまり、今まで住宅を建築してきた業者が、そのまま廃業しているかあるいはリフォーム業に切り替えたことが容易に想像することができるでしょう。

国の政策としても、空き家を可能な限り使いたいと考えているため中古住宅の購入を促してリフォームをすることを勧めています。

このような時代の流れの中でリフォーム業行うことは決して悪いことではありませんが右向け右のように皆が同じ方向に行ってしまうため集客で行き詰まる可能性も考えられるわけです。

では、起業・独立開業をする場合にはどのようなことに注意をしたらよいでしょうか。この場合に確実に得るのは、金額を安くすればお客さんを取ることができることです。

どの業界でも同じなりますが、お客さんとしては業界に関する詳しい内情はわかりませんので、料金で考えてくるでしょう。

可能な限り負担を少なくしたいと考えている人が多くありますので、この時には料金の安いところが選ばれる傾向があります。しかしながら、料金が安いところは長く続けていくと大きな負担になるでしょう。

従業員の給料は安くなり働いた割にはお金が入ってこないからです。それよりも、差別化をすることでより魅力的な業者にすることが可能です。

 

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。



お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容