リフォーム会社がウェブメディアを立ち上げて集客する場合に知っておきたい大切なポイントと注意点とは

最近はさまざまな企業がウェブメディアでの集客に取り組んでいます。

スマートフォンが広く普及し誰でも気軽にインターネットにアクセスできるようになってきていますし、ウェブメディアはデータの収集と分析がおこないやすいので、取り組む企業が増えてきているわけですね。

そして、その流れはリフォーム業界にも浸透しつつあります。

つまり、これからのリフォーム業者はウェブメディアでの集客にも積極的に取り組むべきだと言えるわけですが、実際にウェブメディアを展開していく場合、ウェブメディアやウェブメディアでの集客の特性や注意点について理解しておく必要があります。

そこでこの記事では、ウェブメディアやウェブメディアで集客していく際のポイントや注意点について紹介していきたいと思います。

これからウェブメディアでの集客を始めていこうと考えているリフォーム業界の企業にとって非常に重要で参考になる内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツでの集客は一過性のものにはならない

ウェブメディアにコンテンツを投入し、そのコンテンツをきっかけに集客をおこなっていくのが、典型的なウェブメディアでの集客方法になります。

最近はこのウェブメディアでの集客に力を入れている企業が非常に多くなってきていますが、ウェブメディアでの集客に取り組むかどうかで頭を悩ませている企業の経営者や担当者の中には、「ウェブメディアでの集客は一時的に流行っている集客方法で、一過性のものになってしまうのではないか」という点を心配している方も少なくないかと思います。

まだウェブメディアでの集客に取り組んでいない場合そういった心配をしてしまうのもわからなくはありませんが、ウェブメディアでの集客は一過性のものにはならないので、そういった心配をする必要はありません。

といのも、その他のメディアの広告費が減少傾向にあるのに対し、ウェブメディアを含むウェブ関連の広告費はいまだに伸び続けているからです。

2019年にはテレビの広告費をウェブ関連の広告費が抜いたというデータもあるほどです。

そして、これから5Gでの通信もスタートするということもあって、この流れはますます加速していくと予想されます。

つまり、ウェブメディアでの集客は決して一過性のものではありませんし、むしろ今後ますます重要になっていく集客方法になりうるということです。

デジタルコンテンツは資産になる

ウェブメディアでの集客に取り組むかどうかを躊躇してしまっている方に知っておいてほしいのが、デンタルコンテンツは資産になるという点についてです。

ウェブメディアでの集客では、メディアにコンテンツを投入し、そのコンテンツをもとにして集客をおこなっていきます。

そのため、コンテンツの制作が必要不可欠になってくるわけですが、コンテンツの制作には、時間、手間、人件費などの費用がかかります。

ウェブメディアでの集客に懐疑的な方の多くが、作成したコンテンツは使い捨てだと思ってしまっているため、そんなものに時間や手間、人件費をかけるのは無駄だと考えてしまいがちです。

ですが、ウェブメディアに投入するデジタルコンテンツは決して無駄にはなりません。

しっかりとしたものを作成し、ユーザーに愛されるコンテンツになれば資産として残っていきますし、継続的に集客をおこなってくれる集客ツールとして効果を発揮し続けてくれます。

チラシやインターネット広告などの広告の場合は出稿をとめてしまうと集客効果がゼロになってしまいますが、デジタルコンテンツはそうはなりません。

アメブロなどの無料ブログは集客効果が薄く資産にもならない

コンテンツを発信する場としてはウェブメディアが一般的ですが、中にはアメブロなどの無料ブログを使って同じようなことをおこなっている企業もあります。

無料ブログはその名のとおり無料で利用できるタイプのブログなので費用が発生しませんし、手軽に始めることができます。

ですが、アメブロなどの無料ブログは集客効果が薄いのであまりおすすめできません。

ウェブメディアにしてもアメブロにしても集客のメインは検索エンジンからの流入で、自社のメディアやブログが検索結果の上位に表示されることが必須になってきます。

検索結果で上位に表示されるように対策をおこなうことをSEOと言いますが、アメブロなどの無料ブログはSE0に強くないため、仮に良質なデジタルコンテンツを積み重ねていったとしても大きな集客効果が発揮される可能性は低いと言わざるを得ません。

そして何より注意しなくてはいけないのが、無料ブログはあくまで他社のサービスを利用させてもらっているのに過ぎないということについてです。

どの無料ブログにも利用規約が設けられていますし、運営が存在していますが、ブログ内のコンテンツやブログの利用方法について少しでも怪しい部分があると、ある日突然ブログが削除されてしまう可能性があります。

明確に利用規約に違反しているという確証がなかったとしてもブログが削除されてしまうことは往々にしてあるので、無料ブログでデジタルコンテンツを発信していく場合、常にその危険がつきまとうとうことについても理解しておかなくてはいけません。

デジタルコンテンツは専門家が濃い知識や正しい知識を発信することが大切

ここまではデジタルコンテンツでの集客がいかに可能性のあるものかについて紹介してきましたが、ウェブメディアにデジタルコンテンツを投入し、そこで集客していく場合、注意しなくてはいけない点があります。

それが、デジタルコンテンツの専門性と、発信する情報が正しい情報かどうかについてです。

デジタルコンテンツを発信する場であるウェブメディアは、誰でも立ち上げることができます。

最近は無料でデザイン性の高いホームページを制作するツールやWordPressのようなCMSツールがあるので、知識のない方でも2〜3日ほどでウェブメディアを立ち上げてしまえます。

そして、メディアへのコンテンツの投入はさらに簡単です。

そのため、デジタルコンテンツは誰でも発信できてしまうわけですね。

しかし、その手軽さがあだとなって、専門家でもない素人が作成した、間違った情報だらけのコンテンツが溢れかえっている状態を招いてしまっています。

リフォーム関連の情報の場合だと、リフォームに関する知識のない方が無責任に誤った情報を発信してしまっていることが多々ありますが、そのコンテンツを見たユーザーがその間違った情報を鵜呑みにしてしまうと、大きな事故や被害につながってしまう可能性があります。

そのような自体を引き起こしてしまわないためにも、ウェブメディアで情報を発信する場合は正しい知識を持った専門家が正しい情報を発信していくことがとても重要になってくるわけです。

ウェブメディアでの集客はSEOが大事になってくると言いましたが、正しい情報かどうかや専門家が発信している情報かどうかという部分は、このSEOにおいてもとても重要な部分になってきます。

そういった意味でも、ウェブ上に公開する情報は、専門家の正しい知識によって作成された情報である必要があるわけですね。

費用対効果の高いデジタルコンテンツでの集客をプロに任せてみませんか?

ウェブメディアの立ち上げ自体はそこまで難しいものではないと紹介してきましたが、魅力的なメディアの立ち上げや運営、集客できるコンテツの作成には知識とノウハウが必要不可欠です。

ですので、ウェブメディアでの集客はプロに任せるのがおすすめです。

弊社はリフォーム会社のホームページ制作や集客のお手伝いを専門としている会社です。

これまでに培ってきた豊富な実績をもとに集客のお手伝いをさせていただきますし、リフォーム会社や工務店、塗装会社での実務経験がある経験者がコンテンツの作成をおこなっていますので、ぜひ一度お問い合わせください。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!