リフォーム会社のホームページはお客様との接点を増やしておく事が極めて重要です。

集客とマーケティングの違いとは?

ホームページはお客様との接点を持つための一つの集客方法と捉えられる事が多いのですが、実際には集客よりもマーケティングという観点で見るべきです。

そのためには、そもそもの集客とマーケティングの差異について知らなければならないのですが、集客というのは不特定多数の人々に対し情報提供を行う事を指し、訴求する方々の中には製品はもちろんその分野自体に現時点では興味関心を抱いていない方も居ます。

一方のマーケティングは、特定の目的を抱いて情報収集をしていたり実際に動き始めている方々に対し訴求する事を指し、リフォームであれば既に住宅などの外観が劣化し始めていたり、生活に不都合を感じているといった気持ちを抱いているといった特性があります。

消費者の行動変化を見落とす事なくキャッチする事が重要

つまり、リフォーム会社とお客様という立場でビジネスをしていく事には変わりないのですが、集客の場合は非常に門戸を広くしておいても集客が望めない場合がある反面、マーケティングでは早い段階から込み入った情報提供をしていても問題が無いですし、消費者としてもすぐに求めているリフォームの情報が知られると、自分達に寄り添ってくれている企業であるという消費者心理を抱くようになるので信頼関係が構築しやすくなります。

もちろん、リフォームに際して急を要するわけではないものの、近い将来リフォームを依頼しようと検討している方においては数あるリフォーム会社の中から選定して頂く必要があるので、消費者の行動変化を見落とす事なくキャッチしなければなりません。

消費者心理

ホームページを閲覧して情報収集を行っている消費者にとって気になる製品があった場合、記載されている情報を読み込み理解を深めますが、リフォームにおいてはキッチンなどを住宅に備え付けるという特性上サイズ感などが気になってしまいます。

各住宅によりキッチンの横幅や高さ、奥行きは異なりますし、設置後の室内の広さや雰囲気にも大きな変化が生じるポイントなので、一般的なインターネットショッピングのようにホームページに記載されている情報のみで判断し依頼するという事は不可です。

そのため業者側に確認を取る必要があるのですが、要所要所で連絡先を記載しておくというのが売る仕組み作りとしての基盤となり、気になる製品についてコンタクトが取りやすいサイト作りができていれば、継続的な売り上げが実現できるようになります。

お問い合わせフォームの設置やリンクの貼り付けを行ったり、メールアドレスや電話番号を記載しておきダイレクトに発信できるようにするとお客様との接点を持つ機会が増やせます。

実際のお問い合わせメール

 

ワンポイントアドバイス

リフォームユーザーはスマフォを使って情報集する場合が多いのですが、PCユーザーに比べてスマフォユーザーは短気なので、問い合わせフォームや電話がすぐ見つからないと他のサイトに行ってしまう可能性があります。

お問い合わせや電話は見やす場所に配置しておきましょう!

例えば、上下のメニューを固定して、問い合わせフォームのボタンをクリックするだけで、すぐお問い合わせができたり、電話ボタンひとつでそのまま音声通話ができるようにすると、ユーザーにとってスムーズに問い合わせが出来るので、お問い合わせ増やすのには有効です。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!