勝てるリフォーム戦略

戦略を立てる

リフォーム市場は拡大を見込んで、ホームセンターやアマゾン等の異業種が続々参入しています。

リフォーム会社が競合相手との競争に勝ち抜くためには確固たる集客戦略を立て、実行しなければなりません。

一口にリフォーム業と言ってもその業務内容は様々ですから、そのリフォーム会社に合った戦略を考える必要があります。

多くのリフォーム会社は戦略を立てずに、「価格」や 数打てば当たる的な「総合リフォーム」で勝負しようとします。

こういった事業展開は価格競争や他の会社との差別化がしにくい要因となっています。

明確な戦略を持つことで、価格競争から抜け出し、他社と差別化し お客様に選ばれる会社になれるのです。

私達のホームページ制作は、まずリフォーム会社に合った集客戦略を考えるところから始まります。
この戦略によってホームページが集客出来るかどうかが、決まると言ってもいいでしょう。

では、具体的な戦略についてお話します。

リフォーム戦略パターン決定

 

小さなリフォーム会社では、差別化が大変重要です。「差別化」とは、他社と違う事をやることです。
大手や、ライバルと似たり寄ったりでは弱者は必ず負けてしまいます。徹底した差別化を図る事で優位に立ちます。
ライバルと差別化を図り、自社のポジションを確立し、顧客(ターゲット)に対して意味のある違いを打ち出します。

 

競合・顧客・自社の強みなどを踏まえて、

1.価格重視型、2.ブランディング型、3.高付加価値型、4.特化型から

自社のリフォーム戦略パターンを決定

 

1.価格重視型

文字通り、商品サービスの価格を重視した戦略。
お客様の購買意欲を掻き立てやすい価格戦略を考えます。
ただし、価格重視型は、設備商材の値段の安さで勝負できる比較的資本力のある会社に限られます。

2.ブランディング型

ブランディングには企業ブランディングとパーソナルブランディングがありますが
小さな会社の場合はパーソナルブランディングの方がやりやすいし、費用も安く済みます。
社長自らパーソナルブランディングを行い、受注を獲得していきます。

3.高付加価値型


デザインリフォームや輸入住宅、富裕層向けリフォーム等 高付加価値により単価の高いリフォームを狙う戦略です。

4.特化型


総合リフォームを売りにしているリフォーム会社が多いですが、水廻りリフォーム等に専門特化して勝負する戦略です。

上記は一例です。お客様の業務内容を分析し、勝てる戦略パターンを提案いたします。

戦略無くして、戦術無し 
戦略がしっかりしていないと、リフォームの集客はうまく行きません。
まずは、しっかりと戦略を練ります。

 

どんなにいいホームページを作ってもそれが対象としてるユーザー(ターゲット)に届かなければ意味がありません。

ターゲットの具体的な人物像を作ることで、見込み客が求めている情報や解決したいことなど、彼らのニーズを理解できます。

例えば、大阪に住む40代の主婦、あるいは世田谷区に住む60歳以上の男性等。
地域、年齢、性別、嗜好 年収等 ターゲットになるユーザーの人物像を具体化していきます。

 

具体的な人物を作ることにより、顧客視点でのマーケティングが可能になり、より多くの顧客や潜在顧客の共感・支持を得ることができるようになります。

弊社の戦略は見込みのあるユーザー(ターゲット)を正確に集めます。
弊社のリフォーム集客ではホームページへ訪問するユーザーの性別や年齢層、興味関心等につてい知ることが出来ます。

今すぐ客だけで無く、それ以外の客もターゲットにする

市場にはすぐに購入する客「今すぐ客」とそれ以外の客「そのうち客」がいます。
「今すぐ客」は市場の1%くらいと言われ、競合も多いのですが残りの99%は「そのうち客」であり、競合が少ないのです。

そういった人たちに目を向けて、タネをまき、見込み客を育成し、顧客化していくマーケティングの方がはるかに多くの見込み客を囲い込め、売り上げ増に確実に結びつけられます。 リフォーム営業革命の戦略は「そのうち客」を「いますぐ客」の状態になるまで育成していきます。


リフォーム業であれば、住宅リフォームからマンションリフォーム・塗装・エクステリア等幅広く様々な内容のリフォーム工事をやっているでしょうから、ホームページにはできるだけ多くの業務内容を載せて、「何でもできますよ」的にアピールしているところが一般的なリフォーム会社のホームページでしょう。

しかし、見る側(お客様)にとってはこのように、様々な業務内容が書いてあると「何でも屋」的な印象があり、何を得意とした会社なのかが伝わりにくいので、結局 他の会社に行ってしまいます。

ホームページでは、他社との差別化が集客に直結します。 特にリフォーム業の様に数多くの会社がホームページで競っている業種の場合、他社とのどの様にして差別化するかが、重要なウェイトになります。

私たちは、あなたの会社の強みを洗い出し・見込みのあるユーザーのニーズを把握し・他社との差別化要素を見つけ・勝ちやすいホームページを作ります。



多様化する消費者ニーズを理解し「買う側」の心理を突き、契約に結び付ける戦略策定を行います。

たとえば、リフォームするユーザーはどのような購買心理プロセスを経て、リフォームしようと決めているのか?

また、今ユーザーがどんなことで困っていて、どんな基準で業者選びしているのか等を知ることにより、リフォームユーザーの購買心理に合わせて、ホームページ内容やアクションプランを計画していきます。



いかがでしたか? 戦略を決めたらそこから戦術に落とし込んでいきます。
こちらもご覧ください。

集客を加速させるリフォーム業特化型ホームページ

ホームページを特定の業務内容へ特化させる事で、ホームページを訪れたユーザーに対して、印象に残る様な作りにします。
先の「差別化」の項目でも言ったように、他のリフォーム会社と同じ様なホームページでは、お客様にアピールできません。業務特化型のホームページにする事で、特定の工事に特化したリフォーム会社であると、認識されます。また、特定の工事に特化する事で検索上位も狙いやすくなり、集客出来るホームページへと近づきます。

リフォーム特化型ホームページの詳細

 

最新のアプローチ手法でリフォームユーザーを逃がしません。

近年 スマフォやソーシャルメディアの普及により、商品の下調べがより気軽で身近になりました。リフォームなどの高額な物を買う人は早い段階から情報を集めています。
売り込みを感じさせずに、さらに相手の欲しいタイミングで情報を提供することにより、リフォームユーザーがあなたの提供する情報をきっかけとして自発的にコンタクトをしてきます。

リフォームユーザーを惹きつける宣伝・集客の詳細

 

専門のコンサルタントが常にお客様の傍にいて、どの方向に進むべきか、アドバイスをしたり判断に関与して助言を行い、貴社のビジネスを成功へと導きます。
お客様とのコミュニケーションを大切し、打ち合わせは納得いくまで行います。

専属コンサルタントによるアドバイスの詳細

 

ホームページの更新やトラブルサポート等の日々の運用を迅速に対応ができるサポート。
お客様をお待たせいたしませんので、
ビジネスのスピード感を落とすことはありません。

日々の運用をサポートするサービスの詳細

このうちどれか一つでも欠けていてもうまく行きません。これらがスムーズに連携して動いてこそ集客は加速します。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。



お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容