ランチェスターの法則 弱者は顧客を絞る

近年は住宅のリフォーム会社が非常に増えており、その種類も大手から中小、及び個人経営のところまで様々な会社が存在しています。

リーマンショック以降低迷していた景気がある程度回復し、新築住宅の販売が好調の兆しを見せている一方で、既存の住宅のリフォームをして快適に住みたいと言う人も増えており、そのための出費をすると言う人も増えていることから、これを奪い合うように多くのリフォーム会社が乱立しているのです。

そのためリフォーム会社の競争が非常に激しくなっていますが、その中で活躍している小さな会社の多くはランチェスターの法則に則り、自らの顧客を絞ることで成功をしている傾向があります。

ランチェスターの法則は弱者が強者に勝つための第一次大戦のさなかに生み出されたものとなっていますが、少ない資源を集中して1カ所に投入することで、相手を圧倒する力を得ることができるというものです。

ビジネスの世界でも同じような法則が成り立ち、中小の会社はその業務範囲を絞り込むことで成功を勝ち取ることが出来るようになっているのです。

近年急成長を遂げている大手の企業の多くはこのランチェスターの法則を実践し力をつけている傾向もあり、現在のリフォーム会社の競争でも業績を伸ばしている小さな会社の多くは、顧客を絞ることで成功を勝ちとっています。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!