リフォーム会社は集客で成功したいならコンテンツの資産化を急げ!

ネット集客の強みは
コンテンツを作成して、Web上から発信する事により、
時間の経過とともにコンテンツが蓄積され、
それが会社の資産として半永久的に残る事です。

集客を行う場合、リスティング広告のような有料広告は一過性のため出稿を止めてしまうと何も残りません。

しかし、コンテンツは自社でを保有することで永続的に配信・訴求し続けられます。

コンテンツとは、Webにおいては、メディア上に公開されている情報を指し、動画・音楽・ブログ記事・ダウンロード資料(ホワイトペーパー)といったものが該当します。

記事であればSEO上の評価を得ることで検索からのアクセスがあり、動画やホワイトペーパーなどは、SNSや被リンクからのアクセスが見込めます

リフォーム会社が集客をして成果を出したいと考えている場合、コンテンツの資産化を目指すことが有効です。

一言でコンテンツと言ってもその種類は様々ですが、きっちりと資産化していくためには質の高いものを作り上げていくことが大切です。

リフォーム会社が資産化を目指す際に有効なコンテンツには、いくつか種類があります。
一つ目は、ほとんど永久的にアクセスをしてもらえるようなものです。

検索される量が膨大なキーワードの場合、できるだけ上位に表示されるようにすることが重要です。

インターネット上に掲載を開始した直後はアクセスが多かったとしても、それが半永久的に続いていかなければ資産としての効果が薄れてしまいます。

しっかりと集客をして資産化をするためには、なるべく上位に表示されるように工夫してアクセスを集めていくことが大事です。

無事に資産化に成功したコンテンツは、制作をする際に必要になった費用を除けば実質的に費用をゼロにすることができます。

二つ目は、CVに誘導できるようなコンテンツを作り上げるものです。

CVとはコンバージョンの略で、インターネット上のサイトでの目標の達成という意味があります。

利用者のニーズを的確に把握したうえで工夫することで、資産として残していくことが可能です。

的確なCVを取り入れれば、たとえアクセス数がそれほど多くなかったとしても資産価値を形成していくことができることがあります。

アクセス数が多くなおかつCVにしっかりと誘導することができれば、よりいっそう高い資産価値を生み出すことが可能です。

三つ目は、再利用することができるものです。

時には検索結果を上位に表示させることが難しいときや、CVを思い描いたように導いていくことが困難な場合もあります。

そのような場合でも、コンテンツの内容を工夫して利用者の目に留まるようにすることで、資産化を目指すことが可能です。主な再利用先は、メールマガジンやダイレクトメッセージなどです。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!