リフォームユーザーの顧客心理をひもとく リフォームの動機

リフォーム営業をする時、お客様の心理(顧客心理)がわかって営業するのと、わからないまま営業するのでは、雲泥の差が出ます。 リフォーム会社のお客様は、どう考えているのでしょうか?

リフォームの動機について書いてみました。

一戸建て住宅の所有後、住居年数の経過に伴い、リフォームの頻度が高くなるのをご存知でしょうか?

ある住宅会社の調べでは、順に紹介するまでもなく、家の老朽化と住居者自身が年を老い、一方では住み辛さが増える事こそが動機になり、その何十年後を見込んだプランを設けてある会社が目立ちますが、より低価格で行いたい、というのが消費者の本音です。

例を順に挙げてみると、劣化による見劣り・住宅問題の発生・生活基準の変化・転居を含む購入案が目立ちます。
これらの理由から、リフォームの動機になるそうですが、中でも老朽化の問題が多いそうです。

これらは、1つの住宅会社・リフォーム会社だけではありません。殆どのアンケート結果で挙げられている事実なのです。特に、室内に影響が出る程設置が壊れ、それにより日常生活に不便を来たす場合は、直ぐにリフォームを行う為にリフォーム会社を探される方ばかりだと言っても過言ではありません。

そして、意外にも、その次に直ぐにリフォームを行う方に多いケースが、身近な知り合い等がリフォームを行われた影響です。

中でも、その知人が近辺におられ、辺りで事故・事件が発生するとなれば、身の安全を意識され、リフォーム意識に繋がるとも言われております。

勿論、大きな災害が起こる可能性がニュースで報道されますと、リフォーム会社は手が回らなくなるくらい混雑し、その様な状態になると、焦りが生じてしまい、当初の予定額以上の個所までリフォームを行われれば、業者に空きが無いので自分でリフォームを行おうとする方も増えてしまいます。

その自ら行うリフォームが経験によるものでしたら、大事に至る事まではされないでしょうが、見真似手真似で行うのが最も危険です。何故なら、見た目が少し整いリフォームを終えられた思った矢先、火の気も無いのに家事が起こり兼ねません。

要は、リフォームの検討はいつも念頭に置いておき、自分或いは家族の生活が、安心出来るだけの貯蓄をしておかなければなりませんが、年齢が若く働き盛りである時、そこまで考えられる方は少数ではないでしょうか。

また、ここで格言・ことわざが脳裏を過ぎる方は、驕ることなく次にするべき事が垣間見えるのではありませんか。。

『先を見据える』

この様に、リフォームは人生の中で縁の切れないものでもあると言えるのです。

あなたが抱えるホームページに関するお悩みありませんか?

例えば…
ホームページからお問い合わせを増やしたい!
検索順位を上げたい!
アクセス数を増やしたい!

など…

その他、ホームページに関するお悩みがあれば、ご連絡ください。
お悩み解決のアドバイスを致します。

特に、ネットで色々な情報を集めて“自分で何とかしようと”奮闘している方はまずはご連絡ください。

一人で頑張っても“上手くいかない”方が殆どです。
誰かに相談したいと思っているのであれば、私たちにご相談ください。
問題解決のアドバイスができると思います。

悩み事は、誰かに相談することで、精神的に楽になります。
ホームページでのお悩みは私たちお任せください。



ご質問・ご相談フォーム

ご質問・ご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

お名前

お電話番号

メールアドレス

都道府県

ホームページをお持ちの場合:URL

興味のある内容(複数選択可)

詳しいご相談内容

  
 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!