リフォーム会社のWeb集客は3種類のコンテンツを使い分けよう!

商用サイトを運営している時には、守るべきコンテンツの種類がある

ソーシャルメディアが全盛の現代では、ホームページにあるコンテンツの存在が最も重要かつ存在価値が高く唯一無二なものであるとされています。

実際にホームページ上で提供するコンテンツの種類や質により、ホームページのみが悪影響を受けるだけではなく、企業全体の利益の落ち込みやマーケティングの落ち込みにも繋がります。

趣味を目的としてホームページの運営を行っているだけではなく、リフォーム会社としてお客様の囲い込みを行うための商用サイトを運営している時には、守るべきコンテンツの種類というものが存在します。

それは集客に長けた集客コンテンツと教育に長けた教育コンテンツ、そしてセールスに長けているセールスコンテンツの3つであり、商用サイトではこれらの3つの中でどれか一つだけでも満たされていないと、最大限の効果が得られるリフォーム会社のホームページにはなり得ません。

集客コンテンツ

集客コンテンツというのはSNSなどで大勢の人々に拡散して頂くといったサポートを受けて注目を集め、リフォーム会社のホームページへのアクセスを増やし結果的にリフォームの依頼が増えて経営が上向き安定させるものです。

教育コンテンツ

教育コンテンツはスマートフォンなどが普及してインターネットに触れる人々が増え、一つのメディアとして確立した頃からよく見られ重要視されるようになったコンテンツです。
今日においては誰もが経験のある事ですが、通常であれば取り分けてエンターテイメント性が無い法人のホームページやSNSのアカウントが面白おかしくなっていて、つい一人のファンとして日頃から動向を気にかけてしまう事です。

リフォーム会社のホームページに当てはめて集客コンテンツを考えてみた時に適用できるのは、本格的なリフォームの依頼をするのはまだ先の方々にも重宝する情報やDIYのテクニックなどをレクチャーし、一つのエンタメサイトに成長させる手法です。

セールスコンテンツ

セールスコンテンツはその名の通りリフォームの施工事例などを示しセールスする事ですが、現在はあからさまなセールスでは逆効果になるので契約に踏み切れない一歩を後押ししてくれるようにそっとセールスするのがポイントです。

 

常に集客の事ばかり考えていた毎日から解放されたいと思いませんか?

リフォーム会社の勝ち抜き方がここにあります。

今後、小さなリフォーム会社が競合に勝ち売り上げアップを目指す為には、ホームページをうまく活用し、ネットからの集客で新規顧客を獲得していく事が必要です。

ですが、ホームページからの集客は簡単ではありません。
時間・費用そして知識経験が必要になります。

今後あなたはあらゆる側面において「悩み」に直面しますが、
こういった問題は一人で悩んでも解決できません。

弊社が多くの建築・リフォーム会社様に実践した経験と成功ノウハウであなたを強力にサポート致します。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!