異業種参入相次ぐ!今後 リフォーム会社はどう生き残る?

リフォーム業界は市場規模は拡大しているが、競合が多い業種!

リフォーム市場は、少子高齢化、個性化、多様化などで各世代とも快適な住まいを求めるようになったことで新築住宅市場と比べて、拡大が見込まれる分野です。

追記:2017/10/18
2025年のマンションリフォーム市場規模全体は2兆2,125億円で、2015年の1.14倍となる見込み。


           

マンションリフォーム推進協議会より

しかし、異業種からの新規参入が相次いでおり、

追記:2017/9/12
新築ビルダーのアエラホームがリフォーム事業に参入 初年度目標は15億。まずは、新築OBでノウハウを蓄積。体制を整えた後、他社で建築された物件のリフォーム獲得。
                リフォーム産業新聞より

リフォーム業は年々競争が激化している業種の一つでもあります。

従来からある分類を整理すると、

リフォームのネット販売が増えている

それに加えて、最近では、
工事費込みで住宅リフォームをネットで販売するサイトが増えつつある。

アマゾン ヤフー 楽天 等の大手ECサイト
近年登場してきたリフォームWEB販専門サイト セカイエのリノコ

リノコはネットを武器に、
工事費コミコミの定額販売を仕掛けて急成長中のリフォームWEB販売サイト。

(追記: 2017年 グリーの子会社 セカイエの運営するリノコ 撤退)

リフォーム業は、現場の環境によって工事費が変動する商売なので、
「追加料金無」「日本全国どこでも対応」をキャッチフレーズに
大手のECサイトが定額リフォームに参入して来たことは、
リフォーム業にとって脅威と言えるかもしれない。

今まで「リフォームの価格、費用」は不透明な部分が多く、
この部分にメスを入れた感があります。

今後、消費者の反応が注目されます。

その他では、
生活用品を取り扱う総合スーパーのイオン
家電量販店のエディオングループ

異業種の中で、最もリフォームへの参入業者が多いのがホームセンター ビバホーム等

リフォーム全般を行う事は少なく、特定の分野に特化しています。

例えば、蛇口の交換」「ユニットバスの交換」「ドアの交換」等

設備機器の交換にまつわるリフォーム。

ますます激化するリフォーム市場で、あなたの会社が生き残るには!

ネットが普及してきて、リフォーム会社もネットで比較検討される時代。

今後 ますます激化するリフォーム市場で、生き残るには
あなたの会社が、お客様から選ばれる会社にしていく必要があるということです。

もともとリフォーム業は工事の規模により許可が入らない業種です。
リフォーム業の拡大と業者の膨張は悪徳業者の社会問題化に拍車をかけている事も事実です。
そういった事によりお客様も相当警戒しています。
お客様に安心・信頼される会社を目指す事が最重要です。・


それに加え 

①徹底的な他社との差別化を行う。
②ユーザーに有益な情報を提供(発信)しながらユーザーとの関係を構築する。

③人と人との繋がりを大切にする地域密着型企業を目指す。

等 もう一度 自社を見直して見ましょう。

 

リフォーム会社は差別化戦略が重要! あなたの会社の売りはなんですか?

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!