リフォーム会社のホームページはユーザーの状況や実情を把握して情報発信する事が重要です。

現代は会社の規模に関わらず事業を行う場合は必ずウェブサイトを構築し公開する事がセオリーになっているため、自社サイトを所有し公開している事は何ら珍しい事ではなくなりました。

それはリフォーム工事をお客様の大切な住宅に施工するリフォーム会社においても例外ではないのですが、自社サイトを公開しているのにも関わらず、SEOが検索エンジンに最適化されていないなどの要因で必ずしも経営に良い結果ももたらしてくれているとは限りません。

かつてならウェブサイトの絶対数自体が多くなかったため、自社サイトを有しているというだけで魅力的に捉えられましたし、競合他社よりも一歩先ゆくアプローチをする事ができていましたが、今日のように全ての企業がサイト運営を行っているとなれば、以前のようにウェブサイトが無かった頃と同じ平等の状態に戻ってしまっていると言っても過言ではありません。

そこで、リフォーム会社がウェブサイトを構築し公開して新規顧客獲得を目指したり、既に顧客になって頂けている方の顧客満足度を向上させるには、公開する意義や目的について今一度考える必要があります。

リフォーム会社の場合であれば当然の事ながら住宅が古くなってきてしまい、各所を直さなければならないお客様に対して届けるという目的がありますし、その他にも高齢化により若い頃は不自由なく生活できていた自宅に不自由を覚えるようになり、バリアフリー化をしてほしいという要望も見られます。

そのような顧客が置かれている状況や求めている実情をリフォーム会社側が十分に把握している事が重要であり、状況や実情を把握しておらず企業側の感性で良いと感じている物を一方的に伝えても、押し付けのように感じられてしまい顧客からの信頼は得られません。

一方、お客様がウェブサイトにアクセスした時に自宅が置かれている状況と近い情報が掲載されていれば身近に感じますし、既に施工事例があるとなれば大切な自宅のリフォームを依頼できる判断材料にもなり、お問合せに繋がるという一連の流れが構築できます。

また、バリアフリー化を施工して頂きたい場合には部屋の敷居など各所にある段差を全て無くして段差に躓きにくいフロアにしたり、車椅子でも生活ができるように施工を行っていきますが、通常リフォーム会社は内装の作業を担当するため、室内空間では快適に生活ができるようになったとしても、室内に入るまでの玄関アプローチなどは階段などの段差が残されたままになります。

実際に、室内は隅々までバリアフリー化が行われているのに玄関にある階段には、簡易的なスロープが斜めに掛けられているという住宅は多いものです。

そのため競合他社よりも一歩秀でた会社であると認知して頂けるために効果的なのは、内装と屋外で担当する業者が異なるとしても依頼主が別々に作業を依頼して行って頂くのではなく、内装を行う企業にのみ依頼をした段階で屋外の設備についても、担当企業に連絡が入り工事を行って頂けるようにする方法です。

実現させるには企業間で連携しなければなりませんが、同じようなアプローチをしていても横並びで秀でた存在にはなれない状況下では、極めて顧客からの信頼が高く得られるようになりお問合せに繋がるようになります。

そして、ウェブサイトというのは会社や取り扱いしている製品、施工の紹介を行う様子からまるでパンフレットのような役割を果たしているのですが、いつでも好きなタイミングで見直せるからこそ依頼主が知り得ない情報をお知らせしてあげる事も大切です。

水回りのような床下にあり住民でも目にした事がない場所に入り作業を行うのは、見えないからこそ依頼主にとっても不安材料になり得るので、ウェブサイトで専門性が高い分野の施工について写真などを交え、十分に説明を行うと安心して頂けます。”

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

詳しいお問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!