アクセスを増やしたいなら、まずブログを書きましょう④

アクセスを増やしたいなら、まずブログを書きましょう

というお話の第4回ですが

前回では記事の内容は質より量でした。

質の高い記事を書かなくていいと言いましたが

プロのライターが書くような立派な記事では無くていいと言うことで、

お客様に見てもらうのでお客様にわかる内容を書きましょう。

熱意を込めて書けば多少下手でもお客様に通じると思います。

 

ただし ブログのタイトルは気を付けて下さい。

①タイトルはお客様が見てわかる内容

②記事のタイトルに検索キーワードを入れる

③記事のタイトルと内容は一致していること。

 

①タイトルはお客様が見てわかる内容

この記事のタイトルは「アクセスを増やしたいなら、まずブログを書きましょう④」ですが

お客様が見たときどんな内容の記事か一目でわかることが重要です。

この場合だと

アクセス数を増やしたいと思っている方が見るでしょう。

②②記事のタイトルに検索キーワードを入れる

ですが

「アクセス」「増やす」「ブログ」のキーワードがタイトルに入っています。

よくあるのが

記事のタイトルに
「洗面化粧台」
「キッチンリフォーム」

等とリフォーム用語だけしか書いていないのをよく見かけます。

 

これではお客様が見て何が書いてあるのかわかりません。

スマフォなどではタイトルを見ただけで

探しているものと違うと判断した場合 すぐに他のサイトに言ってしまいます。

「洗面化粧台」 → 「洗面化粧台選びで失敗しない方法」

等とつけてください。

 

③記事のタイトルと内容は一致していること。

この記事だと アクセス数のアップに為何をしたらいいか

について書いています。

 

これが ホームページ制作方法だったり、施工例写真の撮り方

だったら、まずいですよね。

最初の数行読んだだけで
すぐ他のサイトに行ってしまいます。

 

いかがでしょうか?

ここまでのところは理解できたでしょうか?

 

次回は何故?量を書くのか?
について書きます。

引き続きよろしくお願い致します。

 

前回のブログは

アクセスを増やしたいなら、まずブログを書きましょう③

 

 

 

 

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!