ライディングページって何だ! リフォーム会社でも使えるの?

ランディングページという言葉はよく聞くけど、そもそもランディングページって?と思っている人が多いです。

ランディングページとは検索した際に最初に表示されるページを指します。

ランディングページには検索結果からのアクセス、リスティング広告、SNSでの拡散など様々な方法によってたどり着きますが、どのようにたどり着かせるかというのが非常に重要です。

リフォーム会社の場合、様々なリフォーム工事のパターンがあり、それぞれの工事手法のページにたどり着かせるのか、それともトップページにアクセスを集中させるのか、このあたりが重要になります。

様々な工事手法のページを充実させることで、それぞれのページでアクセス数が集まり、お問い合わせも総じて増え、最終的には成約までつながっていきます。

またお問い合わせに関するページを充実させることで直接的なお問い合わせの数を増やすというのもランディングページを作る際には有効です。

そもそもランディングページは営業で行うようなことをほとんど再現できるようになっています。

1ページで表現できるため、知りたい情報を知ることができ、ページの流れでお問い合わせまでつなげられるのもポイントです。

もちろん、ランディングページで満足して帰ってしまう人もいますが、これはどのケースでも同じであり、結局はそれをアクセス数でカバーすればいいだけのことです。

アクセス数に関してはリスティング広告やSNSでの拡散などを用いたり、ランディングページを充実させて検索からの流入を増やしたりすれば問題ありません。

問題になるのはそこから通常のページにどのようにつなげていくかですが、これはデザイン次第でいくらでも可能です。

詳しい説明はこのページで行うというように誘導し、しっかりとした説明がなされていれば話を聞いてみようと思うようになります。

お問い合わせが増えなければ成約件数も増えません。

そのためにもランディングページは重要であり、リフォーム会社にとってみれば必要不可欠なものです。

 

こちらのケースは、キッチンリフォーム無料相談会をランディングページにし、世田谷のキッチンリフォームを考えている方をターゲットに導線を考えています。

 

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!