ターゲットとは? リフォームマーケティング入門講座⑥

リフォームマーケティング入門講座の第6回はターゲットについてお話します。

ターゲットとはリフォーム会社の場合、意思決定者になります。顧客像が見えれば、マーケティングの制度が上がるので、利用者と購入者を把握することができるようになります。

デモグラフィックを利用する事により、消費者心理特特性や消費者行動特性を把握することが可能です。

デモグラフィックとは、 性別、年齢、職業、収入、居住地域、など、
その人のもつ人口統計に関する情報をあらわします。

消費者心理特特性や消費者行動特性を把握することが出来るとターゲットを絞ることが出来るようになりますし、リフォーム会社の場合なら購入者を見極めるためにも役立ちます。

ターゲット層を把握することにより、実際にリフォームを依頼する購入者と利用者の見極めが出来るようになり、売上や利益を伸ばすことが可能です。

ターゲットを絞らないで営業活動を行うと意思決定者を把握することが出来ませんので、購入者をターゲットに選ぶことが出来なくなります。

購入者ではなく利用者をターゲットにしてしまうと意思決定者ではない為、検討をするだけで終わってしまい、見込み客の状態が多くなるので注意が必要です。

リフォーム会社の場合は意思決定者である購入者の見極めを行うことが非常に大切になります。リフォームを依頼するのは、利用者ではなく、意思決定者になる為です。

上手くデモグラフィックデータを活用して、ターゲット層を見極め、顧客像が見えれば、営業活動にも力を入れることが出来ます。

更に顧客像が見えれば、意思決定者に合わせたホームページを作ったり、販促活動を行うことが出来るようになるのでおすすめです。

販促活動はターゲット層の見極めが必要不可欠になります。

ターゲット層を絞り込まずに販促活動を行っても効果はでません。

しかし、デモグラフィックデータを利用して、意思決定者に対して有効的な販促活動を行うことが出来るようになるとリフォーム会社の場合は多くの依頼を受けることが出来るようになります。

意思決定者が購入者につながるようになるため、ターゲット層を見極めた広告を行うのはとても大切です。

関連記事: リフォーム会社のターゲットを考えて見る

 

 

 

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!