リフォーム会社のこれからの営業方法はネット集客が効果的!

競争が激化するリフォーム業界の中で、
ライバルに打ち勝ち、どのように新規顧客を獲得したらいいか?
リフォーム会社の経営者の悩むところです。

従来からの営業方法はどんどんと効果が低くなっている

チラシを作成して配布したり、内外装に経年劣化が見られるお宅に訪問しリフォームの提案をするといった営業方法を行っているものの、契約に結び付けられず営業成績が伸び悩んでいるというリフォーム会社は少なくありません。

しかも、昨今では企業側からお客様に対して提案を持ち掛ける営業活動に対し以前に比べシビアな目が向けられているため、従来通りの営業方法を行っていると契約が伸ばせるどころか、企業としての評判を低下させてしまう恐れがあります。

上記のような売り込み型の営業は今の消費者には受け入れられなくなっています。

ネット集客は戦略が重要です

そこで、リフォーム会社がこれからの営業方法として講じるべきなのはネット集客であり、一見すると広く浅い範囲に対して訴求させるという特性上から地域密着型が多いリフォーム会社には適さないように感じられますが、実際にはリフォーム会社が行うべき営業方法として非常に相性が良好です。

関連記事: リフォーム会社のような地域密着型でもネット集客は狙った地域の集客はできる

リフォーム会社のような地域密着型でもネット集客は狙った地域の集客はできる

新たなる集客方法としてネット集客を講じる際にポイントになるのは、インターネットを利用してどういったアプローチを行うのかという戦略をしっかりと定めてから始める事です。

ネット集客に着手し始めてから変更していく事例は臨機応変で柔軟性が高く見えるものの、お客様においては次々と内容が変化している様子が信頼性に乏しいと判断される起因にも繋がるため、着手する前段階でしっかりと戦略を立てて実行する必要があります。

また、現代では同業他社の中でも既にインターネットを利用して訴求している企業が多数あるため、ライバルから一線を画する会社になるためには自社が持っているオリジナリティや強みを今一度見直したり発見する事が求められます。


リフォームを手がけている企業の場合であれば主なパターンは
価格重視やブランディング、高付加価値や特化型
という4つのうちいずれかに属している事例が多いので、自社が属している属性をウェブサイトのテーマにしたり、ネット集客を開始するのにあたり新たなパターンを強みとすると良いでしょう。

ターゲットユーザーに向けてメッセージを発信しながら、まずはきっかけづくり

そして、従来型の足を使った外回りの営業方法の事例では、住宅の劣化具合を判断材料にして訴求をするという方法が一般的ですが、インターネットを利用する方法ではウェブサイトにアクセスするユーザーの年齢や性別を予めターゲット化しておき、ピンポイント的に訴えかけられるようにします。

つまり、60歳を超える高齢者をターゲットにしているのなら住宅のバリアフリー化などをメインテーマにし、比較的若い年齢をターゲットにしている場合にはお洒落に生まれ変わらせる事が可能なリフォームをメインテーマにしネット集客を行いましょう。



お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!