リフォーム会社の集客方法3選!これからのリフォーム会社が取り組むべき集客方法とは

リフォーム会社を経営していく上で重要になってくる集客。

ただ、最近は昔ながらの集客方法の効率が下がってきており、費用対効果もどんどん悪くなってきています。
実際、昔と同じように集客しているのに反響がなくなってきていると感じている担当者の方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、これからのリフォーム会社が取り組むべき新しい集客方法について詳しく紹介していきたいと思います。

反響が得られにくくなってきている集客方法と絶対に取り組むべき集客方法の両方をいくつか紹介していくので、リフォーム会社の経営者やマーケティング担当、営業担当の方は、ぜひ参考にしてみてください。

昔ほどの反響が得られなくなってきているおすすめできない集客方法

まず初めに、昔ほどの反響が得られなくなってきている集客方法について紹介していきたいと思います。

これから紹介する3つの集客方法は、一昔前までであれば反響が高く、リフォーム会社において定番の集客方法だと言われていたものばかりです。

ただ、今現在では、昔ほどの反響を得られない効率の悪い集客方法となってしまっています。

そのため、優先して取り組むべき集客方法ではありません。

もし、これから紹介する3つの集客方法を実践しようと考えている、あるいはすでに実践しているということであれば、集客方法を見直すべきだと言えるでしょう。

1. 訪問営業

これまでリフォーム会社の集客方法として定番だった訪問営業。

自社の営業マンに近隣の住宅に足を運ばせ、訪問営業させているという会社も多いのではないでしょうか?

ただ、この訪問営業というやり方は今の時代にマッチしていません。

というのも、最近ではユーザーのリテラシーが高まり、訪問営業で話を聞いた後であってもすぐに契約したりはせず、インターネットを活用して情報を集めて慎重に契約を進めていく傾向にあるからです。

また、年々飛び込みの訪問営業に対するイメージも悪くなってきてしまっているので、むしろ避けるべき集客方法になりつつあると言えるでしょう。

2. チラシ

こちらもリフォーム会社の集客方法として定番の集客方法と言えるチラシでの集客。

ポスティングしたり、チラシを新聞に挟むなどして、ユーザーにリーチしていく集客方法ですね。

ただ、チラシでの集客も効率が悪く、最近では反響の得られない集客方法として認知されてきているので避けるべきです。

そもそもチラシでの集客には、リフォームを検討しているユーザーに届きにくく、リフォームを全く検討していないユーザーにまでリーチしてしまうという大きなデメリットがあるので、取り組むべきでない集客方法だと言えるでしょう。

3. 新聞広告

新聞に広告を掲載するというのも、リフォーム会社がおこなう集客方法として定番と言える集客方法の一つです。

新聞を購読している世帯の多かった一昔前までであればそれなりに反響を得られていましたが、最近は新聞を購読する世帯が急激に減少してきているので、昔ほどの反響は期待できません。

また、この方法にも、ターゲットユーザーを狙ってリーチしにくいというデメリットがあるので、優先して取り組むべき集客方法ではないと言えるでしょう。

これからのリフォーム会社が取り組むべきおすすめの集客方法

昔ながらの集客方法では反響が得られにくくなってきていると紹介してきましたが、そうなってきている最大の理由は、「時代の変化」です。

時代が変化していく中でユーザーの考え方や行動にも変化が生じてきているため、これまでの集客方法が通用しなくなってきているわけですね。

では、どういった方法で集客するべきなのかというと、「インターネットを活用した集客方法」です。

現代では、誰もが簡単にインターネットにアクセスできるようになってきていますし、ユーザーの行動自体が「まずはインターネットで調べる」という風に変化してきているので、インターネットの活用は必須になってきています。

これから紹介する4つの集客方法はいずれもインターネットを活用した集客方法ばかりなので、これからのリフォーム会社にはインターネットの活用が必須だということを覚えておくようにしてください。

1. Webメディア

これからのリフォーム会社が絶対に取り組むべきなのが、Webメディアでの集客です。

自社のホームページにメディアを展開するか、新規でドメインを取得してリフォームに関連するメディアを立ち上げ、そこを集客の入り口として活用していきます。

一つ注意してほしいのが、Webメディアはブログではありません。

リフォーム会社のブログでは、「〇〇様のお宅のリフォームをおこないました」といった内容のコンテンツが展開されることが良くありますが、そういったコンテンツは集客の入り口にはなりません。

そういった日記のようなコンテンツはほとんど検索にヒットしないので、貴社のことを知らないユーザーとの接点にはならないわけです。

ですので、そういった日記のようなコンテンツではなく、リフォームを検討しているユーザーに刺さるようなコンテンツを制作し、公開していくようにしましょう。

貴社のメディアがリフォーム関連のキーワードの検索結果で上位に表示されるようになれば、月に何万〜何十万というユーザーがアクセスしてくれるようになります。

もちろんアクセスしてきてくれたユーザーが全員リフォームを依頼してくれるわけではありませんが、少なくともリフォームに興味を持っているユーザーであることに変わりはないので、集客の入り口としておおいに活用できますよ。

2. SNS

比較的若い世代にアピールしていきたい場合に活用するべきなのが、SNSです。

リフォーム会社と相性の良いSNSとしては、Instagram(インスタグラム)とYouTube(ユーチューブ)があげられます。

20代や30代といった比較的若い世代は、検索ブラウザで検索するのではなく、SNSで必要な情報を検索するようになってきています。

ですので、そのSNS上でそれらのユーザーの目に留まるような投稿をアップしておけば、集客できるようになるというわけです。

若い世代はリフォームしないのではないかと考えてしまいがちですが、若くてもリフォームを検討している方は少なくありませんし、親に宣伝してくれるという可能性もあります。

Instagramでは、施工後の外観や内観をアップするようにするといいでしょう。

画像を何枚か投稿できるので、施工前の画像もアップし、変化の様子を確認できるようにしておくのもおすすめです。

YouTubeでは、それぞれのリフォームがどのようにおこなわれていくのかといった動画や、DIYで住宅の修繕をおこないたい人向けの動画などをアップするといいでしょう。

DIYのコンテンツは制約につながりにくいと考えてしまいがちですが、そういった動画は需要が高いのでより多くのユーザーにアピールできますし、「やっぱりプロに頼んだ方がいいかも」という考えにいたるユーザーも少なくありません。

ですので、そういったコンテンツもあげるようにしてください。

3. MEO

最近取り組む企業が増えてきているのが、MEOでの集客です。

Googleなどの検索ブラウザで、「〇〇 渋谷」など地域名を入れて検索すると、検索結果の上位に地図とその地域の店舗情報が表示されるかと思います。

この地図の上位に表示されるような施策が、MEOです。

検索結果で上位表示されると多くのユーザーがWebサイトにアクセスしてきてくれるようになりますが、MEOで上位表示した場合も同様です。

「トイレ リフォーム 渋谷」などで検索するユーザーは成約率の高いユーザーである可能性が高いので、MEOは絶対に取り組むべきですよ。

リフォーム会社の集客をプロに任せてみませんか?

これからのリフォーム会社が取り組むべき集客方法と避けるべき集客方法について紹介してきました。

これからのリフォーム会社の集客にはインターネットの活用が欠かせないと紹介してきましたが、インターネットでの集客には知識やコツがいるものです。

もちろん自社でイチから取り組んで成果をあげることもできますが、間違った方法で取り組んでしまうと費用と時間を無駄にしてしまうことになりかねません。

弊社はリフォーム会社のホームペジ制作や集客を専門としています。

豊富な実績とこれまでに培ってきたノウハウでリフォーム会社の集客をお手伝いさせていただいておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!