リフォーム会社が意識すべきSTP分析とは?

自社の存在はもとより提供している施工や製品などをお客様に認知してもらい、高い評価を頂くためには、マーケティングにおける大原則であるターゲットをピンポイント的に絞る事が重要です。

ターゲットについてはこちらの記事で詳しく書いているのでご覧ください。

リフォーム会社のターゲットユーザーを考えてみる!

ターゲットをピンポイント的に絞らずに手当たり次第にマーケティングを行うと、時間とコストをかけて周知活動に励んでも結果を出す事が困難です。

そこで意識すべきなのがSTP分析であり、STP分析とは自社が提供する事ができる価値と対象者を明瞭にする事です。

そのようなSTP分析とはアメリカの経営学者が唱えたマーケティングにおける要なのですが、STPと名付けられているのは経営学者が提唱したセグメンテーションターゲティングポジショニングという3つのキーワードの頭文字を取っているためです。

セグメンテーションは顧客をカテゴライズする事を指し、カテゴライズした顧客のカテゴリをセグメントと呼び、カテゴリに狙いをつける事をターゲティングと呼ぶというように各キーワードは具体的な意味を有しています。

さらに、マーケティング戦略を練りマーケティングを進めていく陣地を定める事がポジショニングの具体的な意味合いです。

こうしたSTP分析とはリフォーム業を行っている企業との相性に優れており、リフォーム会社の場合は夫婦二人暮らしの家庭子育て中の家庭年齢が高くなった夫婦といった3つの形態が主となります。

比較的年齢が若い夫婦が二人暮らしである場合は、小さな金銭的な負担で広い間取りの中古物件を買い求め、室内を現代風や理想的な様相にリフォームして暮らす様子が人気なので、高いデザイン性や築年数が古い物件でも現代風にさせられる様子を強調させると効果的です。

子育て中の場合は小さな子供がのびのびと暮らせるように、室内にある壁面などを取り払い開放的なリフォームが実現できる様子をお伝えすると、常に子供に目が向けられるようになるという安心感から人気が得られます。

同じく安心感という観点では、室内の段差を取り除いたりドアの形式を変更させてバリアフリー化させられる事を報知すると、住み慣れた自宅でも不便さが感じられている年齢が高くなった夫婦に支持して頂けます。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!