リフォーム会社の集客はロングテールSEOで確実に上げていくこと、売り上げに繋げること

リフォーム会社をインターネットで探している人は多い

リフォーム会社の選定にはインターネットを利用して行う顧客も多いことから、検索結果の上位に表示させるためのSEOが必要不可欠となっています。

近年ではスマートフォンの普及によってパソコンが苦手な層もターゲットユーザーに含まれています。

しかし、SEOでは上位に表示される場合のキーワードが肝心です。

ビッグキーワードでは大手も施策に取り組んでいるため、思うような結果がでないことが多いと言えます。

そこで、中小企業などのリフォーム会社ではロングテールSEOを行うことで確実に上げること、売り上げに繋がる事が大切です。

ロングテールSEOとは上位検索の20%ではなく、残りの幅広い市場をターゲットにする方法です。

 

ロングテールSEO

 

競合やライバル会社が気づいていない特定の分野や、大手では逆に費用をかけにくいニッチな分野に対して対策を行います。

例えば、地域密着型などの施策です。それだけで競合は全国から、同じ地域内に絞り込むことができます。ビッグキーワードに付け加えて、地域名などを2個から3個程度組み合わせたものを選びます。

ターゲットユーザーの範囲は狭まることになりますが、漠然とした対策を行うよりも確実性が高いためPDCAサイクルを実施しながら、より効果的な集客を目指すこともできるのです。


ビッグキーワードの場合は反応がないことも珍しくなく、正しいかどうかの判断を下しにくいデメリットもあります。ニッチなキーワードを主とするロングテールSEOでは広告費を安く抑えることができますし、効果の反応も歴然です。

基本的には確実に上位表示させることを前提として、売り上げとのバランスを模索していきましょう。

もともとSEOはユーザーが求めている内容を的確に返す仕組みになっています。アルゴリズムも日々改良が重ねられており、必ず上位に表示される保証はありません。

競争が激化したキーワードではなおさらのことです。対策を講じたとしても、費用対効果は非常に薄いものになります。そのため、可能な限り確実性の高いロングテールSEOが生き残るための鍵となるのです。

まとめ

複合キーワードを選ぶ
複合キーワードのメリットは、競合が少ないので上位表示しやすいだけでなく、絞り込まれたキーワードのため、問い合わせや購買などにつながりやすい傾向がある。

見込み客が検索しそうな複合キーワードを選ぶ
まずは2、3 個以上の単語の組み合わせから始める。
地域密着型なら必ず地域名を入れる。
実店舗などに誘導することが目的のホームページの場合、必ず地域名をキーワードに含める。
「地域名+トピックキーワード」

ニッチな分野で一番になる
弊社のキーワードは「小さな企業 集客」「弱者企業 集客」「自営業者 集客」等、弱者企業に狙いを定めたキーワードで常に上位表示させています。

 

SEO対策関連の記事に関してはこちらをご覧ください。 ↓↓

SEO関連記事特集

 

 

ホームページ集客代行サービス

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!