リフォーム会社における営業戦略とマーケティング戦略の違い!

営業戦略とは

営業戦略とは商品やサービスを購入してもらうための行為で、顧客のもとに通って特徴やメリットを紹介し最終的に売買契約を締結したり、店舗のバイヤーのもとに通って商品やサービスを仕入れたり取り扱ってもらうことを目指します。

マーケティング戦略とは

一方のマーケティング戦略とはどのような商品やサービスを顧客が求めているのか、どのような価格であれば契約してもらえるのかを分析し、そのニーズに合わせた商品やサービスを企画や開発を行い広告宣伝を行ったり流通や販路の確保をするのはもちろんのこと販売後もなぜ売れたのか、あるいは売れなかったのかを分析して次の商品開発に役立てます。

営業戦略とマーケティング戦略のターゲット設定

営業戦略とマーケティング戦略の違いはターゲットになる相手で、営業戦略の場合は実際にお金を出してくれる顧客を相手にプレゼンテーションや販売などを行うものであり、マーケティングは顧客全体を含んだ市場を相手に調査や検討を行うものです。

リフォーム会社の場合に例えてみると、営業戦略はリフォームを行いたいがどの会社にすればよいのか迷っている顧客や物件を見させてもらい、リフォームをする時期だと判断した場合に我が社でリフォームをしてみませんかと営業をかける行為を指します。

マーケティング戦略は過去の顧客データをもとにどのような資材やデザインを使用したリフォームが好評だったのか、あるいは不評だったのかを分析し顧客からの要望があれば迅速に資材の調達や設計ができる体制を整えておくのに加えて、自身で判断できない顧客に対しては予算や物件の状態を勘案して適切なリフォーム方法を提案します。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!