施工事例のページ作りでやってはいけないこと。 リフォーム会社のホームページ制作

施工事例を見せることによりお客様の不安を払拭できる

リフォーム会社がホームページを作成するにあたり、一番注意しなくてはならないのが施工事例のページです。

実際に何かを購入するときに、実際にはどうなのだろうとだれもが思うことでしょう。

特にリフォームや住宅を建てる場合にはなお多くの人が思うものです。そこで大切になるのが施工事例です。現物を直接見せることは難しいケースも多いので、しっかりとホームページの施工事例を作りことにより、お客さんの不安を和らげることができます。

施工事例では実際に仕事をしている証明や実績のアピール仕事のやり方やその成果をお客さんに知ってもらうことにつながります。ホームページは直接お客さんと会って話すわけではありません。そのため本当にしっかりとした仕事ができているのはと不安に思うはずです。施工事例を見せることによりその不安を払拭することができるでしょう。

事例がなければどのようなリフォームがなされているのかわかりません。

特にリフォームに関してはかなり高額な費用がかかり、自分たちが生活していくことになるので、なおのこと慎重になるものです。

上手な施工事例の構成とは、お客さまの希望をのせ、施工前の様子と提案内容、施工中の様子から施工後、最後にお客様の感想と担当者のコメントをまとめます。

施工事例に虚偽の情報を記載してはいけません

施工事例のページを作る際にやってはいけないことは、虚偽の情報を記載することです。
実際に行っていないことをできると記載したり、実際にはやっていないことを実績であげることはどのような仕事でも絶対あってはいけません。

他のサイトからの施工事例の写真や説明文をコピーして、自社のサイトで使っているケースも見受けられます。
こういった行為を平気でやってしまう方もいます。コピーコンテンツとしてペナルティになるので絶対やっていけません!

 

施工事例でライバルに差をつける! お客様を惹きつけるリフォーム施工例集客記事一覧

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!