これからのホームページ運営は常時SSL化が必須です。

ホームページのSSL化は、世界的に日本は一歩遅れた普及率となっていました。しかし、検索エンジンが重要性をより示すようになり、大手企業の常時SSL化を発端に一般的にも必須の流れとなっています。ここでは、なぜ常時SSL化が必須なのかについてみていきましょう。

SSLはアクセスしているサイトがセキュリティ的に安全なのかを証明するためのものです。

特に資料請求や通販サイトなどでは、大切な個人情報を扱います。通信時に情報を盗み見られたり、マルウェアを仕込まれたりと言った危険から守られていることを示すことができるのです。

また、本来あるサイトに似せたデザインで情報や金銭を奪うフィッシングサイトの対策にもなりますので、ユーザーの安全性を守ることができます。

常時SSL化を導入するためには、第三者の機関によってサイトの運営に問題がないかを調査されます。ブラウザではURLの表示と共に、鍵のアイコンや「保護された通信」のようにSSL化されているページであることを確認することが可能です。

つまり、信頼性の向上に繋がるのです。また、Google Chromeではパスワードやクレジットカード情報など、特定の通信を行うページでは警告が表示されるようになっています。
なお、今後は全てのサイトに対して警告が表示されるようになるなど、早急な施策が必要になると言えるでしょう。

googleの検索エンジンでは、常時SSLに対応しているサイトの検索順位を優遇する処置を行っています。

現状では大きな変動をもたらすものではありませんが、今後の重要性が高まることを考えれば仕様変更によって顕著に表れるようになる可能性があります。

SEOの施策としてもSSL化を行うことは必須だと言えるでしょう。影響を受けてから始めるのではなく、事前に対策を行っておくことが大切です。

常時SSL化を導入するためには、コストや時間がかかることが懸念材料のひとつでした。

しかし、その重要性が世界標準であることが日本でも知られるようになったことで、無料でSSL化が可能なサーバーも目立つようになってきています。

特に小さな規模のサイトは狙われやすい傾向がありますので、セキュリティの向上の利点は大きなものとなるのです。

導入後はGoogle AnalyticsやSearch Consoleの再登録が必要になります。ただ、SSL化は利点だけでなく、危険性もはらむことを理解して将来性に向けた導入を検討する必要があると言えるでしょう。

 



お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!