内装工事会社のホームページにのせるべき情報は? ホームページ制作で気を付けるポイント!

他の区分と比べて内装仕上工事業は特に工事の種類が多い

住宅などの工事で行う作業は建設業許可という区分に分けられて管理されており、
内装仕上げ工事は建設業許可における29業種区分に分けられているのですが、
木材をはじめ石膏ボードや吸音材、畳や壁紙、カーペットやふすまなど、
他の区分の業種の工事に比較し記述されている内容が多いです。

記述されている情報が多いという事は、
お客様は依頼したい内装工事会社が対応している具体的な業務が理解しにくいため、
内装工事会社のホームページには自社が施工可能な業務をわかりやすく載せておく必要があります。

また、依頼主はできるだけ自宅を快適かつお洒落なデザインに仕上げたいと考えているので、
施工可能な業務内容に合わせて選択可能な素材やデザインのコーディネートを紹介してみると、
具体的なイメージがしやすくなり契約に結びつけやすくさせられます。

対応可能な業務や素材の選択肢などと共にホームページに載せるべき内容は
内装工事会社としての強みも挙げられるのですが、
強みは当事者においては把握できていない事が多いため、
ホームページに載せる事ができている内装工事会社がそう多くないのが実情です。

ホームページに載せる内容の中で重要度が高い情報なので、
載せたいものの自社の強みが把握できていないという事例では、
これまでの業務や契約の中で依頼主との間で行われたやり取りを振り返るようにし、
職人や内装工事会社として高い評価が得られた事柄を思い出してみましょう。

さらに、一言で内装工事会社とは言っても
一戸建て住宅や店舗、賃貸住宅など内装工事を施工する場所は異なりますし、
場所の違いに伴い依頼主が求めている仕上がりも異なるので、
主なターゲットの理想に沿う形でホームページのデザインや方向性を定めていくのも大切です。

建売住宅などの企業同士の契約で工事を進めていく内装工事会社なら
迅速丁寧である強みがホームページに載せるべき内容になりますし、
店舗や一戸建て住宅ならお洒落さやオーナーの拘りが形にさせられるような情報を記述しましょう。

ホームページのデザインは非常に重要です。何故ならばデザインから受ける印象で、勝手に会社の規模を決められてしまうからです。

ホームページの管理運営・保守メンテナンスから、ブログ代筆や集客などの作業の全てを代行致します。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!