オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違い

ウェブサイトを用いて集客する際に意識する機会が多いワードとして挙げられるのが、オウンドメディアとコンテンツマーケティングの2つであり、同じものとして捉えられる事例が稀有ではないものの、実際にはオウンドメディアは媒体でコンテンツマーケティングは戦略という違いがあります。

そのため、名称の中にメディアというワードが用いられている様子からもわかるようにオウンドメディアはパンフレットやメールマガジン、コーポレートサイトなどの自らが情報提供する案内が好みに変えられる事柄を指します。

一方、コンテンツマーケティングは様々なメディアを用いて情報提供を行い、将来的に自社の製品を購入して頂けそうな消費者に対し行うマーケティング活動の事を指すため、オウンドメディアとコンテンツマーケティングはブログのような情報提供と市場分析といった差異を有しています。

もちろん、コンテンツマーケティングは市場分析という広い範囲を対象にした事柄なので、分析する事柄の中には自社などがオウンドメディアを通じて提供した情報によって起こった変化を調査分析するといった事も含まれます。

こうしたオウンドメディアとコンテンツマーケティングがインターネットが普及した現代において重要性が高い理由は、インターネットによって各消費者が情報を求めている時、各々が率先して情報を求めて行動できるようになった様子が関係しています。

これまではマスマーケティングというテレビコマーシャルやラジオコマーシャル、新聞広告や雑誌広告を用いて伝える方法が多かったので消費者が情報を見るタイミングや時間は限られていた上に一方向性でした。

そこで、企業が自ら発信する内容や運営の方針が自由に決められるオウンドメディアを導入すると、新しい商品の情報と共に消費者が定期的に訪問したり購読したくなるようなメディアに育つので、企業と消費者の距離が近づき有効的に販売促進に繋げられます。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!