3C分析を知ろう! リフォームマーケティング入門講座⑪

ビジネスを進めていく上で3C分析というのは、業績を安定化させつつ営業利益をより一層高めるために欠かす事ができない事柄であるのにも関わらず、明瞭に答えられる経営者はそう多くありません。

3Cという名称を見てもわかる通りアルファベットのCから始まる英単語の頭文字を取ったものの事を指しそれぞれ市場顧客と競合、自社という意味合いを有しています。

ビジネスを走らせていくための重要な骨格にもなるためフレームワークと言われる事もあるほど重要度が高く、情報社会が顕著な現代においてはウェブについて言われる事が多いのですが、実際は顧客との密な関係性を作り出すために生じる全体像の事を指します。

ただし、今日では顧客はウェブサイトの情報を参考にして自社の存在やサービスについて知って頂くという機会が増えているため、ウェブマーケティングで3Cが特に重要でありメインになっているという認識は間違いではありません。

そのような市場顧客と競合、自社といった3つのCを使い行っていく分析が重要できっちりと行うのと疎かにするのでは大幅に得られる結果に違いが出てしまうのは、今後会社が向くべき方向性やアプローチする事業の方向性が見えなくなってしまうためです。

つまり、分析をしっかりと行っていればお客様に対して会社として行っているアプローチの中でより一層注力しなければならない事柄が明瞭化するため、限りある資源の中から投資すべき事柄が明瞭になり、小さな負担で大きな利益が上げられる仕組みが完成できます。

そのような3C分析を行うにはいくつかの方法に分かれているのですが、人と物事の関係性が密なリフォーム会社の場合はマクロ分析が特に効果を発揮します。

マクロ分析で見出される結果は景気の動向や法律の改正、各地の人口分布の流動などにより社会に起こっている変化が見つけられるというものです。

リフォーム会社の場合は景気の動向によって室内空間に対して行うべき施工や導入する設備として選び設備の選定、周辺地域の年齢層の様相によりバリアフリー化に特化したセールスに切り替えるという判断ができるようになります。

そして社会が変化すれば法人としてのあり方も変化し、法人が一社ずつ変化していけば業界全体の大きな変化として起こるようになるのですが、業界の変化に気付き他社との差別化を図って生き残るために重宝するのが3C分析の中のミクロ分析です。

ミクロ分析はさらに細分化されているのですが、その中でもファイブフォース分析は新規で参入してきた業者や新たな代替品による脅威にも早くに対応できるようになります。

 



お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!