PDCA

Webサイトの集客はPDCAを回し続けることが継続的な成果を生む!

PDCAについては名前だけは聞いたことがある方もいると思います。
サイト運用においては、PDCAを回すことが基本的な運用になります 。
少し難しく感じるかも知れませんがしっかり理解して下さい。

集客を成功させるにはPDCAを理解するところから始めよう!

現代のビジネスシーンで耳にする機会が増えており、導入しなければ厳しい競争を勝ち抜く事ができない重要なサイクルがPDCAです。

ただし、今もなおPDCAとは?と疑問に感じている方は多いのですが、無理もなくその理由は元来製造現場において品質管理や生産管理を円滑化させるために用いられていたサイクルをあらゆるビジネスシーンでも採用するようになったためです。

PDCAとは?という疑問を抱く方に共通しているのは、各々のアルファベットの意味についてですが決して難しいものではなくPlanのPとDoのD、CheckのCとActのAであり各4つの事柄を順番に回す事でより良い成果を目指すというものです。

「Plan(計画)」→「Do(実行)」→「Check(点検)」→「Action(改善)」

PDCA

Plan(計画) 目的・目標

もちろん、PDCAはリフォーム会社においても用いる事が可能なサイクルであり、最初のステップのPlanではウェブサイトにおける目的の設定を明瞭化させ、設定した目的を達成すべく行うべき計画と企画を立てていきます。

計画と企画は各リフォーム会社により差異があるものの、

よくある目的として、以下のようなものがあげられると思います。

Do(実行) 作成・運用

続いてDoでは計画に沿ってウェブサイトのデザインと設計を行います。

具体的には、

ターゲットとするユーザーを惹きつけるデザイン
他社と差別化する商品やコンテンツをどう見せるか
どのような導線でお問合せに結び付けるか等
サイトの構成を考えて作成し、公開します。

Doでポイントになるのは公開した事に安心するのではなく、
その都度反応を確かめながら柔軟に変更すべき箇所に変更を加えていく事です。

そして、Plan で立てた計画に基づいて、施策を実行します。

Check(確認) 効果測定

また、Checkに円滑に繋げるためにDoで重要になるのはしっかりと記録をしていくという事なので、得られた成果や費やした時間は一目で理解できる数字で記録していきましょう。

Checkでは立ち上げて公開したウェブサイトが理想的な形で運営が行われていて、集客に繋げられているのかをアクセスログ解析などを用いてチェックしていきます。

 

アクセスログ解析

アクセスログ解析に関しては無料のサーチコンソール(旧Googleアナリティクス)が有名です。
ご興味がある方はこちらの記事をお読みください ↓↓

参考記事; 集客において、ホームページのアクセス解析をしない事はお客様を逃がす結果になります。

 

Action(分析) 調整・改善

Check(確認)で収集した情報を基に、今後の改善策などを検討する事が「Action(分析)」です。
アクセスログ解析ではアクセス数に限らず直帰率や離脱率、
アクセスされるきっかけになったキーワードなどにも着目し、
最終的なActionで次のサイクルに盛り込む改善策を検討します。
PDCAを回すことにより、品質の高いウェブサイトへと成長していきます。

 

まとめ

いかがでしたか?
PDCAサイクルについてご理解頂けたのではないかと思います。

地味な確認作業の繰り返しですが、ネット集客ではPDCAは大変重要な手法です。
このPDCAをいかに上手く回せるかで、集客が一変します。



お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!