売上アップの第一歩! リフォームマーケティングで重要なコンバージョンとは? 

成果アップに繋がるコンバージョンの意味を理解しよう!

ウェブサイトを開設したりリニューアルしたものの次なる一手がわからなかったり、今後の運営方針について明瞭に定められないという場合には、コンバージョンを念頭に置いて進めていきましょう。

ウェブサイトを公開する事のみが目的になっているとコンバージョンとは?という疑問を抱きますが、コンバージョンというのはウェブサイトの訪問者にウェブサイトが目標にするアクションをしてもらう事を指します。

具体的にはアクセスしたユーザーが商品を購入したり、サービスの成約を完了させた状態を指し、目標としているアクションが行われた際にはコンバージョンを1つ得たというカウントが成されます。

こうした一連の流れはサッカーに例えられる事例が多く、その理由はユーザーがウェブサイト内を動き回った上でアクションとなるシュートを放ち、得点となる成約に繋げられる様子がよく似ているためです。

また、得られているコンバージョンの数というのは、現在においてウェブサイトが達成している目標の達成状況の証拠でもあるので、企業内において業績を客観視するための良い判断材料になります。

そのため、正しくコンバージョンを設定して獲得している数を明瞭に理解するという事が、ウェブマーケティングにて大切です。

正しい意味を理解して目標設定をしましょう!

目標を明瞭にせずにウェブサイトを運営し続けるのはゴールが位置している場所が不明なままサッカーに興じている状態と同一なので、まずは明瞭に目標を定める事から始めていきましょう。

リフォームを手がけているリフォーム会社の場合は、ウェブサイトにアクセスして頂いた方々が既に住宅や設備に古さを感じていたり、生活がし難く感じているという共通点を有しているため、

いかに問題解決やより良い生活が送れるように感じられるような製品や施工が届けられるのかがポイントになります。

そして、ウェブサイトはまるでカタログや雑誌を眺めているように気軽に情報収集ができる反面、情報収集のみでウェブサイトから離脱されてしまう恐れも高い ので、情報収集をした後にそのままお問い合わせをして頂くという流れも構築しなければなりません。(導線という)

そこで、まだ本格的に成約を考えていない方でも気軽にお問合せができるようにフォームを整備しておき、尚一層詳細な情報が得られる資料請求も同時に行えるようにしておきましょう。


同時に資料請求が行えるようにしておけば、お客様が負担を感じずに資料請求の手続きが完了させられるようになりますし、企業側としてはさらに手厚い販促活動が行えるようになります。

 


建築・リフォーム関連の会社様 必見です。売上アップを目指すならまず
こちらをご覧ください!


お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!