トップページから集客するターゲットユーザーは一つに絞るべし!

昨日は藤沢からリフォーム会社の社長様が弊社にお見えになりました。

最近 ご相談が多いです。

弊社にご相談に来るリフォーム会社の悩みの8割は集客の事ですから、

参考記事: リフォーム会社・工務店・塗装業等の方からのご相談内容

今回ご相談いただいた内容

藤沢で創業して5年 地域密着型のリフォーム会社としてやってきました。
集客はチラシとホームページとブログを少し、

小中規模の工事を主にやってきました。

小中規模の工事はネット上でも競争が激しく、相見積もりが多いわりに工事価格が安い。
弊社はリノベーションやスケルトンリフォームという少し大掛かりな工事もできる。
こういった工事だと、500万から1000万規模の工事になるので
今後は受注件数が少なくなってもいいから 金額の規模の大きな工事を取っていきたい。

ただ、今までの規模の工事もしばらくは受注していきたい。
現在のホームページで2つのターゲットユーザーを獲得できる方法を教えて下さい。

弊社からの回答ですが

よくやりがちなのは、
同じサイトに、異なるターゲットユーザーに向けて、
コンテンツを載せることです。

たとえば、今回狙うターゲットユーザーは極端な話をすれば、
低価格を重視するユーザーと
ワンランク上のユーザーにわかれます。

ワンランク上のユーザーはどちらかというと、
価格よりもより満足度の高いものを求めるユーザーです。

マズローの法則で言えば、最上位の自己実現を目指す人でしょう!

参考記事: マーケティングに必要な、マズローの欲求5段階説 (自己実現論)

2つの異なるターゲットユーザーをTOPページから集客しようとすると無理があります。

現在「湘南 リフォーム」や「藤沢 リフォーム」などのキーワードから集客してるユーザーは
小中規模の工事が多いので、

そこに大規模用の工事を載せると
当然 訪問者は迷いますから直帰率が高くなります。

では、どうすればいいか?

現状のユーザーはトップページから集客し、

新たなターゲットユーザー(リンベーションユーザー)は、
下層ページにリノベーション・スケルトンリフォーム用のランディングページを作り、
そこから集客するようにすればいいと思います。

現在はトップページから集客する時代ではありません。

参考記事: トップページからの集客には限界がある。 PDCAで検索上位を狙う方法!

ブログでリノベーションやスケルトンリフォームを考えているユーザー向けに情報発信して、
ランディングページまで誘導すればいいのです。

トップページに違うターゲットユーザーのコンテンツを載せようとすると必ず失敗します。
気をつけて下さいね。

常に集客の事ばかり考えていた毎日から解放されたいと思いませんか?

リフォーム会社の勝ち抜き方がここにあります。

今後、小さなリフォーム会社が競合に勝ち売り上げアップを目指す為には、ホームページをうまく活用し、ネットからの集客で新規顧客を獲得していく事が必要です。

ですが、ホームページからの集客は簡単ではありません。
時間・費用そして知識経験が必要になります。

今後あなたはあらゆる側面において「悩み」に直面しますが、
こういった問題は一人で悩んでも解決できません。

弊社が多くの建築・リフォーム会社様に実践した経験と成功ノウハウであなたを強力にサポート致します。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!