マーケティングと営業の違い

マーケティングと営業・販売の違いを理解しよう!リフォームマーケティング入門講座⑨

リフォーム会社の経営においてマーケティングと営業・販売は重要な要素になります、しかし、それぞれが担う役割は異なっていることに留意した上で対策を講じることが大切です。

マーケティングと営業・販売の大きな違いは、対象を何とするかです。

マーケティングの場合には明確な顧客を相手に活動を行うわけではなく、マーケットが対象です。

対して、営業・販売では顧客という具体的な存在があるため、実態を掴みやすく直接的なニーズを知るための施策が重要になります。

ただ、参入する市場に問題があれば、求められるサービスを提供することは難しくなるのです。どちらの観点でも重要な要素となっています。

さらに目的にも違いがあり、マーケティングでは市場に占める顧客との関係を新しく構築することや、より良い関係を維持していくことなど長期的な視点でみることが大切です。

良好な関係を築くことで将来的な売り上げに繋げることができるのです。営業・販売でも同様に良好な関係を築くことは重視されますが、それよりも短期的な売り上げに注力する傾向があるため目的が異なります。

リフォーム会社の場合でも、違いを理解しようとすることが大事です。

マーケティングは市場を対象として長期的な視点から企画や方針を決めていきます。
それに沿って営業・販売を行うことで計画的な経営が行えると言えるでしょう。

具体的な例で言えばリフォーム会社の場合には、Webを活用した市場の開拓を図ることが最も効果的だと言えるでしょう。

スマートフォンが普及した現代では、リフォームに関する気になることがあればインターネットで調べることも以前に比べて増えてきています。

そういった疑問点や気になることを解決するためのブログやメールマガジンなどを発行するのも良いと言えます。

長期的な観点で顧客との信頼関係を築く目的があるのです。

すぐに売り上げに繋がるとは限りませんが、リスクも少なく蓄積した情報は検索エンジンにも評価され、新たな市場の開拓に繋がる可能性は大きいと言えるでしょう。

今後も拡大が見込まれるリフォーム市場には、異業種が次々に参入してきています。

競争は激化することが予想されるため、早い段階から対策を講じることが必要なのです。
ただ、新たな市場の開拓といっても規模を広げ過ぎれば、かえって印象の薄いものにしかなりません。

まずは、自社の強みを理解して地域に特化するなどターゲットを明確化することが肝心だと言えるでしょう。

リフォーム会社における営業戦略とマーケティング戦略の違い!

 

マーケティングについてもっと知りたい方はこちらから ↓↓ 

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!