リフォーム集客における3種類の検索ワードの使い方!

年月の経過に伴い自宅などの各部に経年劣化が見られるようになったり、住み慣れた我が家でも生活し難くなったと感じ始めた際には、インターネットを利用してリフォーム業を行っている業者のウェブサイトにアクセスし、情報収集に努めるという方が大勢居ます。

そのように情報収集をする際、既に目的の業者が定まっている場合はピンポイント的にURLを入力してウェブサイトにアクセスしますが、最寄りのリフォーム業者の情報や依頼可能なプランなどを一から情報収集していく場合には、検索エンジンを利用し検索ワードを入力した上で表示された検索結果を元にして、リフォーム業者の選定を行っていきます。

そのためリフォーム業を行っている業者としては、ユーザーインターフェースも含めたウェブデザインに意識を向ける事と共に、検索エンジンにおける検索結果でいかに上位に位置させられるのかがポイントになります。

検索ワードの種類

検索エンジンでの検索結果の上位に表示させ、目に付きやすくする事をSEO対策と呼びますが、SEO対策を行う上で大切なのは一言で検索ワードとは言っても指名検索ワード購入検索ワード情報検索ワードの3つに分かれていると念頭に置いておく事です。

指名検索ワード

指名検索ワードというのは既に名称を認知している方が検索するものであり、リフォーム業の事例では会社名となりますし、他にもリフォームに際して導入する設備や商品の名称も同様に指名検索ワードとなります。

購入検索ワード

また、指名検索ワードの設備や商品名に通ずるワードとして購入検索ワードが挙げられ、リフォーム業での購入検索ワードは「キッチンリフォームと地域名」という組み合わせや、「バリアフリーと地域名」という組み合わせです。

情報検索ワード

そして情報検索ワードというのはウェブサイト自体のSEO対策となり、情報検索ワードに特化したウェブサイトが構築されていると、検索結果の上位に表示される事に加えて検索エンジンから有効性が高いコンテンツを有しているとお墨付きが得られるので、信頼のおけるリフォーム業のウェブサイトかつ企業であると示せるようになります。

 

 

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!