リフォーム業のホームページ制作で失敗しないために!

近年は以前に比べ新築住宅の建築依頼が減少傾向にあるため、経営を維持すべくこれまではあまりリフォーム業に専念してこなかった業者がリフォーム会社として立ち振る舞う事例が相次いでいます。

そのため、これまでに比較すると競争が激しくなってきている分野なのですが、業務や業界の特性上一般的なサービス業などとは異なり日頃からお客様と近い距離感で密接にコミュニケーションを取り合うという様相ではないので、いかにお客様との間でのファーストコンタクトを自然かつハードルを低くさせられるのかがポイントになります。

そもそも、住宅に纏わる工事というのは住み慣れた自宅に対して施すとは言っても、工事が始まった時担当して下さる業者がどのような作業をするのかは想像し難いものです。

実際にリフォーム会社に対して寄せられている意見としても、全体の流れが把握できないため行われている作業がどのような意味をもたらし、全体のどの程度の進歩状況に位置しているのかがわかりにくいという意見が多数あります。

つまり、依頼する側としては大切な自宅に対して行われる作業の具体的な情報や、一連の流れを正確に理解しておきたいという気持ちを強く持っているという裏付けになるので、リフォーム会社から見た独りよがりのホームページ制作を行うのではなく、依頼主や検討している方の視点に立って消費者心理把握しホームページ制作をしていく事がポイントです。

そこで、まずは些細な相談から始めてから実際に契約し工事が完了するまでの流れをできるだけ細やかに記載していく事にし、各々のセクションでは業界では一般的であったとしても専門用語は一切使わないようにするのが重要です。

具体的には初回の相談から対面での打ち合わせ、工事に着手する際の着手金の金額などを既にホームページ上に記載しておき、電話での連絡を行わなくても要となる要点について知れるような状態にしておきましょう。

また作業を開始した際の様子や途中経過、確認や引き渡しといった情報についてはできるだけ大きな画像を用いて視覚的に理解して頂くように心がけ、実際に依頼して頂いたお客様のお宅に作業を施している時の写真を使用させて頂くと尚良いです。

さらに工事を行った事のみを結果報告のように纏めるのではなく、一度リフォームを行ったお宅に対しては以後懇切丁寧にアフターサービスを行っているという情報がわかるように情報を記述していくと、依頼主が長い目で見た時に安心材料になり会社としても長年に経営を安定化させやすくなります。

写真を多めにしてできるだけ大きく鮮明な画像を用意する事が基本になりますが床の下や配管、電気設備など込み入っている所や暗い所、専門性が高い設備が数多く存在している箇所については写真で見ても理解できない場合が多いので、場合に応じて写真ではなくイラストを使って説明をする事も有効的です。

せっかくイラストを使って説明を行うのなら設計図などのように複雑に見えてしまうような描き方をするのではなく、子供が見ても楽しさや親しみが感じられるほどポップで可愛らしい様子にすると複雑な事でもわかりやすく伝えられるようになります。

親しみが感じられるスタッフ写真を載せよう!

そして、依頼主が最も気にしているのは大切な自宅を建築をして頂いた業者とは異なるリフォーム会社に対し委ねるという心配ですが、失敗しないために与えられる有益性が高い情報は工事内容や新たに導入設備に限らず、リフォーム会社としての社風も例外ではありません。

実際に自宅の中に招き入れしばらくの間工事を行って頂くので、抵抗感が無い職人達であるという印象を持って頂くべく親しみが感じられる和やかな写真も合わせて掲載しておくと良いでしょう。

 



お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!