マーケティング基礎用語 リテンションとは?

マーケティングの世界で重要視されているのが、リテンションマーケティングです。
リテンションとは英語で維持や保持という意味を持っています。

リテンションマーケティングは、顧客と継続的なコミュニケーションを維持するためのマーケティング活動を指します。

リテンションマーケティングの対象は既存顧客

一般的なマーケティング活動には2種類あり、ひとつは新規顧客を対象にしています。
もうひとつは既存の顧客を対象にした活動で、リテンションマーケティングも既存の顧客に対して行われます。

リフォーム会社の場合も、すでにサービスを利用した顧客に対して様々なアプローチを続けます。

継続的に自社のサービスについて興味を持ってもらうために、SNSなども活用しながら情報を発信します。
リフォームは定期的に行うため、継続して情報を発信していると会社に対する興味を持続してもらえます。

良質なサービスを提供している会社であればリピート率が高いですが、さらに日頃から適切なアプローチで強固なつながりを築いているとリピート率はより高くなります。

適切な方法でリテンションマーケティングを行えば、顧客の興味が競合他社へと移ってしまうのを避けられます。

新規の顧客を獲得するためには、既存の顧客と比較してコストが5倍程度かかります。

すでにサービスを利用している顧客だと、コスト面での負担を軽減しながら継続的に自社のサービスを使ってもらえる可能性が高くなります。

リテンションマーケティングを活用して顧客の興味を維持し、さらにリピートを促せばLTVが高まります。

LTVとは顧客の生涯価値を指し、LTVが高まると会社の利益にもつながります。

自社のサービスを利用していた顧客でも、似たようなサービスがあると関心が移るリスクがあります。

一時的に他のサービスに興味を持っても、再び自社のサービスに興味を持ってもらうには効果の高い施策が必要です。

無料相談に寄せられた、相談内容の一部を公開しております。
みなさんも同じ様なお悩みはございませんか?

実際の成功例をもとに、これからの建築・リフォーム会社の戦い方・あり方をまとめました。
是非ごらんください。

これであなたの日々の集客の悩みと負担を無くします。




お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!