建築塗装・外壁塗装業の方必見! 集客に失敗しない為には。

塗装業のチラシの反響率を上げる方法があります。

塗装のチラシを配布しても反響がない!! どうしたらいいんだ。

あなたは、いつもこのような事で悩んでいませんか?

この記事では、塗装のチラシ集客で失敗しない方法を書きますので、最後までお読みくださいね。

一般的な塗装のチラシの反響率の目安としては、1/15,000~1/20,000だと言われています。
リフォームの1/5,000~1/10,000と比べると、塗装チラシはだいぶ反響率が低いのが実情です。

しかし、あきらめないで下さい。

反響率を上げる方法があります。

先日 こんな記事を読みました。

塗装チラシが高い反響!
通常 白黒チラシで、塗装以外にもリフォーム等訴求していたが
今回は、カラーで塗装のみに絞ったら高い反響を得た。

塗装でつながりを作り、内装リフォームでリピートを促す流れ!!
             リフォーム産業新聞より

まさに、基本中の基本を実行して、成果が上がった。
これは、見習うべきですね。

チラシは
まずは手に取ってもらう事が必要なので、見た目のインパクトを重視する事です。
(目立つこと・惹きつける事)

多くのチラシがある中で、いかにお客様の目をひき、チラシを手に取ってじっくり見てもらえるかどうかがチラシ反響率に大きく影響してきます。

白黒のチラシでは当然 インパクトが弱いです。
まずは、塗装の鮮やかカラーで目立つこと。

タイトルも上の方に「建築塗装専門・外装塗装専門」などと大きく書き、お客様に何を伝えたいチラシなのかわかってもらうことです。

ホームページにもファーストインプレッションというものがあります。

訪問者がホームページを訪れた瞬間に、このページが「誰に」「何を」「どのように」提供しているのか瞬時に判断しています。
それにかかる時間は約3秒といわれており、 この時間にいかにインパクトを与えるかで訪問者がサイトに滞在するかが決まります。

もうひとつは、
今まではリフォームも訴求していたが、今回は塗装のみに絞ったら高い反響を得た

塗装業は、塗装以外にリフォームをやっているところが多いのが特徴です!!

チラシを配布する時は、ついでにリフォームを取れたらいい と考えがちですが、
チラシもターゲットを決めて、そのターゲットに対してどのようなメッセージを伝えるかがポイントです。

あれもこれも載せると、その辺がぼやけてしまいます。
内容を絞り込む事が重要だという事です。

商品・サービス(プラン)も3つくらいがいいでしょう!

松竹梅で、真ん中に主力商品 そのほかは集客商品と収益商品で価格・工事内容をわかりやすく掲載する、

あとは、安心感を与えるためにスタッフの顔や社長の顔を載せる。

リフォームや塗装の悪徳業者が社会問題化していますので、顧客はどんな人が来るのか不安に思っています。顔を載せておくと安心します。

さらに、社長の熱い想いを書いたメッセージなども入れておくと、共感を得られます。

いかがでしたか?足りないところがあったら是非! 修正して、実行して見て下さい。

成功をお祈りしています!

 

関連記事: 建築・リフォーム・塗装業の方必見! チラシで反響を得る方法。

建築・リフォーム・塗装業の方必見! チラシで反響を得る方法。

《PR》
今後 小さなリフォーム会社が競合に勝ち、売り上げアップを目指す為には、ホームページをうまく活用し、ネットからの集客で新規顧客を獲得していく事が必要です。
しかし、その仕組みを作るには費用と時間だけでなく経験も必要になります、
そういった事はプロに任せて、リフォーム会社は本業に専念する事が効率のいい方法だと考えています。

弊社では、これまでの成功ノウハウとホームページ戦略で建築・リフォーム会社を強力にサポート致します。
是非、お任せ下さい!
ホームページ集客代行サービス


お問い合わせフォーム

お名前

お電話

メールアドレス

都道府県

ホームページURL

お問い合わせ内容

  

 
小さなリフォーム会社の最強ネット戦略!